レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】「mineo」20GB・30GBの大容量コースを追加、既存5GBは料金そのままで6GBに

【業界トピックス】「mineo」20GB・30GBの大容量コースを追加、既存5GBは料金そのままで6GBに

「mineo」20GB・30GBの大容量コースを追加、既存5GBは料金そのままで6GBに

 株式会社ケイ・オプティコムは、携帯電話サービス「mineo」(マイネオ)において、6月1日よりデータ通信の大容量コース(20GB、30GB)を追加し、5GBコースを6GBコースに増量することを発表した。また、初期設定が苦手なユーザー向けとして、mineoショップ(渋谷、大阪、神戸)における初期設定サポートの提供を6月より順次実施していくとのこと。

【データ通信容量のコース追加と増量】
 動画やゲームをたくさん楽しみたいユーザーでも安心して利用できるように、6月1日より、大容量コース「20GBコース」「30GBコース」を追加。料金は、データ通信のみのシングルタイプの場合、20GBで3980円、30GBで5900円。プラス700円で音声通話を利用できる。また、これまでの「5GBコース」を「6GBコース」に増量し、月額基本料金は変わらずそのまま。現在「5GBコース」の既存ユーザーは、6月分より、手続き不要で自動的に「6GBコース」に変更される。

【mineoショップでの初期設定サポートの提供】
 これまでのサポート店に加え、渋谷、大阪、神戸にあるmineoショップにおいても、新たに「初期設定サポート」が提供される。SIMカードの差し替え、ネットワーク設定、アドレス帳の移行などのサポートが受けられるので、初期設定が難しいと感じるユーザーでも安心して利用することができる。mineo端末であれば、SIMカードの差し替えやネットワーク設定、メール設定は無償。それ以外のサービスは有償となる。

【子供向け、スマホデビューにも安心な「ジュニアパック」サービス】
 「ジュニアパック」と名付けられたサービスが提供される。これは、Androidアプリ11種類がセットになった、子供向けのサービス。フィルタリング機能のある「スマモリ」、ウイルス対策、英語学習、辞書などがパックになったもので、利用料は月額200円。

【SIMカード発行料の請求開始】
 9月1日から、新規契約などでSIMカードを発行する際に、各種申し込み時の事務手数料に加え、「SIMカード発行料」が請求される。docomoプランは1枚あたり394円、auプランは406円。端末の追加購入時にはかからない。

【ドコモプラン(Dプラン)MNP転入切替の高速化】
 NTTドコモの顧客システムとの連携により、6月1日から、MNPでmineoに転入するまでの所要時間が、これまでの受付後、60分程度から、最短で数分で済む。受付が19時~21時の場合、これまでは翌日午前中に開通していたが、当日中に開通するようになり、大幅に短縮される。

【新端末「HUAWEI nova lite」提供開始】
 ドコモプラン(Dプラン)で利用できる端末として、HUAWEI製「HUAWEI nova lite」の提供を6月1日より開始。

・色彩豊かな5.2インチの高精細フルHDディスプレイ
・3,000mAhの大容量バッテリー搭載と省エネ機能で連続待受は約670時間
・ディテールも鮮明に写す1,200万画素のメインカメラ
・自動補正機能「パーフェクトセルフィーモード」を搭載
・高感度の指紋認証センサーでストレスフリーな高セキュリティー
・カラーバリエーションは、ブラック、ゴールド、ホワイトの3種類
・価格は、一括払いで19,800円、分割払い(24カ月)月々825円

【名義変更手続きの開始】
 これまでできなかった「回線の名義変更」が6月1日より可能となる。手数料は3000円だが、家族間(3親等以内)は無料。端末を割賦払いしている場合は名義変更できない。
 
http://denpanews.jp/