レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】アマゾンのAIスピーカー「Echo」日本で発売開始

【業界トピックス】アマゾンのAIスピーカー「Echo」日本で発売開始

アマゾンのAIスピーカー「Echo」日本で発売開始

 アマゾンジャパンは、アマゾン独自の人工知能(AI)「Alexa」を搭載したAIスピーカー「Amazon Echo」の日本での提供開始を発表した。即日の注文受付は実施しておらず、招待制による販売となる。出荷開始予定は11月13日の週。価格は11,980円(税込)だが、プライム会員なら11月17日23時59分まで7,980円(税込)で購入できる。
 また、標準型の「Echo」に加え、小型の「Echo Dot」、高機能の「Echo Plus」も販売される。
 
 「Amazon Echo」は、声で操作できる音声スピーカー。常にハンズフリーで利用でき、いつでも直ぐに反応する。Echoの頭脳である人工知能「Alexa」は、クラウド上に構築され、Amazon Web Servicesの活用により常に賢くなる。
 デバイスに搭載されるソフトウェアによりウェイクワードである“Alexa(アレクサ)”を検知すると、Echoのライトがブルーに光り、Alexaがリクエストを処理するクラウドへとストリーミングが開始される。
 Alexaに話しかけるだけで、質問への回答や音楽の再生、ニュースの読み上げ、タイマーやアラームのセット、カレンダーのチェック、スポーツの試合結果の確認、部屋の照明のコントロールなどを行うことができる。
 
 Alexaには日本への導入に向けて、日本語での発話や認識技術、日本特有の知識、日本企業の開発者によって提供される日本ならではの「スキル」を一から構築。江崎グリコ、サントリーホールディングス、シャープ、東京海上日動火災保険、東京電力エナジーパートナー、NTT西日本、日産自動車、JAL、吉本興業、読売新聞東京本社を含むパートナー企業から250以上のスキルが、日本のユーザー向けに提供される。