レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】アマゾンジャパン「Kindleストア」2015年出版社別年間売上ランキングを発表

【業界トピックス】アマゾンジャパン「Kindleストア」2015年出版社別年間売上ランキングを発表

アマゾンジャパン「Kindleストア」2015年出版社別年間売上ランキングを発表

 アマゾンジャパン株式会社は、「Kindleストア」における2015年の出版社別年間売上ランキング上位30社を発表した。同ランキングは、2015年1年分のAmazon.co.jpにおけるKindle版販売金額に基づいて集計されている(希望小売価格×販売数で集計、金額は非公表)。

 1位は、2年連続で「KADOKAWA」。コミック『ダンジョン飯』をはじめ、新刊Kindle作品の約半数を紙版との同時発売としたことや、年間を通じて多くの価格施策を実施したことで、一昨年に引き続き、売り上げを大きく伸ばした。

 一方で、2015年は文字物タイトルの躍進が目立った年でもあった。一昨年は11位だった文藝春秋は、又吉直樹の『火花』をはじめ、村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』などの人気作品をいち早く電子化したこと、人気雑誌『週刊文春』の紙版との同時発売を開始したこと、そして機動的なキャンペーンの実施で需要喚起を図ったことなどによって、一気にTOP5へとランクインした。SBクリエイティブは、人気ラノベ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の新刊同時発売したことなどの施策が奏功し、初のTOP10入りを果たした。

 ランキングは以下の通り。

 「電子書籍は新刊発売が遅い」と言われてきたが、各出版社が紙版との同時発売を推し進めるなど、電子書籍での売り上げは確実に伸びている。電子書籍のマーケティングノウハウの蓄積、セルフパブリッシングの拡大、そして電子書籍と紙版の同時発売など、今後も各社の電子書籍を活用した施策展開により、同ランキングの大きな変動もあるのではないだろうか。成長を続ける市場での各社の動向には注目である。