レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】キリンBV、「LINE」を活用した自動販売機「Tappiness」展開

【業界トピックス】キリンBV、「LINE」を活用した自動販売機「Tappiness」展開

キリンBV、「LINE」を活用した自動販売機「Tappiness」展開

 キリンビバレッジバリューベンダー(KBV)とLINEは、独自の自動販売機コミュニケーションサービス「Tappiness(タピネス)」を17年春より東京・大阪で展開することを発表した。17年夏以降、東京・大阪以外の全国主要都市部で順次展開する。
 
 「Tappiness」は、ビーコン端末を接続し、LINEが提供するコミュニケーションアプリ「LINE」とその関連機能を活用することで実現した自動販売機。「LINE」と自動販売機がビーコン経由でつながり、購入ごとにドリンクポイントが付与され、一定のドリンクポイントが貯まると自動販売機で好きな飲料と無料で交換可能できる。
 
 KBVとLINEは、15年10月から自動販売機事業におけるO2Oプロモーションプロジェクトの推進に向けて共同で取り組んでいる。第一弾では、LINE ビジネスコネクトを活用したフレーム付自撮り写真提供機能「VENDORPHOTO」を搭載したデジタルサイネージ自動販売機を展開。今回展開する「Tappiness」が第二弾となる。

http://denpanews.jp/