レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】シャープ、持ち運び可能なテレビ「AQUOSポータブル」発売へ、IoT家電と連携 

【業界トピックス】シャープ、持ち運び可能なテレビ「AQUOSポータブル」発売へ、IoT家電と連携 

シャープ、持ち運び可能なテレビ「AQUOSポータブル」発売へ、IoT家電と連携

 シャープは、テレビを見たい時に好きな場所へ手軽に持ち運び、いつでも好きなスタイルで楽しめる液晶テレビ「AQUOSポータブル」3機種を9月20日に発売する。

 AQUOSポータブルは、モニター部(防水・撥水対応・充電式バッテリー内蔵)とチューナー部を分離し、キッチンやお風呂、ベッドサイドなど家中の好きな場所へ持ち運べる小型テレビ。片手で簡単に持ち運べる軽量設計(本体質量2T-C16AP:約1.36kg/C12AP:約0.97kg/C12AF:約0.91㎏)に加え、持ちやすいハンドル付きスタンドを採用している。
 
 地上・BS・CS110度デジタル放送を視聴できるほか、チューナー部には500GBのハードディスクとデジタル2チューナーを内蔵しており、裏番組録画も行える。別売りのUSB外付けハードディスクを接続することで録画容量を増やすことも可能。BDレコーダー「AQUOSブルーレイ」とホームネットワーク接続することで、BDレコーダーに録画された番組も視聴できる。
 
 モニター部はIPX6/7相当の防水・撥水に対応。リビングで視聴していた番組をお風呂場で続けて視聴したり、キッチンで料理をしながら好きな番組を視聴できるほか、汚れが気になる場合は水洗いできる。
 タッチパネル搭載モデルでは、チャンネル選局や音量調整、拡大縮小や選択も画面で操作できる。
 
 AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」アプリを搭載し、同社の調理家電「ウォーターオーブン ヘルシオ」「ヘルシオ ホットクック」と連携もできる。
 
 画面サイズは16V型と12V型、カラーはブラックとホワイトの2色。