レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】セコム、「LINE」を使用した災害時の安否確認サービス提供開始

【業界トピックス】セコム、「LINE」を使用した災害時の安否確認サービス提供開始

セコム、「LINE」を使用した災害時の安否確認サービス提供開始

 セコムトラストシステムズは、「セコム安否確認サービス」の利用者向けに、大規模災害発生時のセコムからの安否報告依頼をコミュニケーションアプリ「LINE」のメッセージ通知でも受け取ることのできる機能を提供する。
 
 「セコム安否確認サービス」は、大規模災害発生時に、復旧・継続の鍵となる事業継続の初動に必要な人員が確保できるかどうかを電話や電子メールの機能を活用し、社員・家族の安否と事務所など現地の状況を迅速に収集・把握し、適切な判断をサポートするサービス。2004年9月にサービスを開始し、6,100社550万人(2016年9月現在)が利用する危機管理サービスとなっている。
 今回「セコム安否確認サービス」と「LINE」の連携により、メッセージ通知が付加できるようになることで、通知の「気づき」をより高め、迅速かつ円滑な安否確認につなげることを目指す。
 
 「セコム安否確認サービス」の利用には、別途オプション契約が必要で、料金は1社につき月額5,000円(税別)。セコムの「LINE」アカウントとメッセージをやり取りする形で利用者にサービスを提供する。

http://denpanews.jp/