レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンク、ヤフオクドームのホークス公式戦でLTE-Broadcastの実証実験を実施

【業界トピックス】ソフトバンク、ヤフオクドームのホークス公式戦でLTE-Broadcastの実証実験を実施

ソフトバンク、ヤフオクドームのホークス公式戦でLTE-Broadcastの実証実験を実施

 ソフトバンクは、LTEネットワークを利用し、映像をリアルタイムに一斉同報配信する実証実験を実施する。2016年9月17日から19日まで開催される福岡ソフトバンクホークス 対 オリックス・バファローズ戦において、試合の映像データをLTE-Broadcastで配信し、映像品質やトラフィック、サービス満足度などを分析することで、新サービスの導入に向けた技術検証やサービスの有効性について確認を行う。
 
 LTE-Broadcastは、マルチキャスト通信(1対多)が可能なため、トラフィックを減らし、ネットワークの帯域消費を少なくでき、多くの人が集まるスタジアムやコンサート会場で、大容量の映像データを閲覧する場合でも、輻輳の影響を受けにくくなる特長がある。
 
 今回の実証実験は、ヤフオクドーム内に従来設置しているテレビ中継用のカメラに加えて、実験用に5台のカメラを設置してマルチアングルで試合の模様を撮影し、その映像を実験用のLTE基地局(1局)から、3塁側スタンドの一部エリアにLTE-Broadcastで一斉配信する。一般ユーザー300人(各日100人)に専用アプリケーションを搭載した実験用スマートフォンを貸与し、LTE-Broadcastが受信可能なエリアで試合を観戦しながら映像を視聴してもらう。
 試合終了後、ユーザーからアプリケーションの使用感、配信映像の遅延や品質レベルなどをアンケート形式で集計するとともに、実験用スマーフォンからデータを収集し、技術検証やサービスの有効性について確認を行う。

http://denpanews.jp/