レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンク、雪山や山岳地帯の遭難者救助を目的としたドローン無線中継システムの実証実験、北海道で実施

【業界トピックス】ソフトバンク、雪山や山岳地帯の遭難者救助を目的としたドローン無線中継システムの実証実験、北海道で実施

ソフトバンク、雪山や山岳地帯の遭難者救助を目的としたドローン無線中継システムの実証実験、北海道で実施

 ソフトバンクは、雪山や山岳地帯などでの遭難者救助を目的に、独自に改良したドローン無線中継システムを利用した屋外実証実験を4月下旬から北海道で実施する。
 
 同社は、2016年8月31日から2017年3月31日までの間、総務省北海道総合通信局から雪山や山岳地帯などでの事故による遭難者の迅速な救助を目的とする「携帯・スマホ等を活用した遭難者の位置特定に関する調査検討」の事業を請け負い、係留気球無線中継システムとドローン無線中継システムの臨時無線中継システムを活用し、遭難者位置特定の調査検討と試作装置を用いた実証実験を複数回にわたって実施してきた。
 
 今回の実証実験は、過去の調査実績と経験を踏まえ、このシステムを実際の救助活動の現場に導入するための運用上の課題を整理し、それらを解決するために独自に改良したドローン無線中継システムの実用性の確認を目的としている。
 
 この無線中継システムには、従来の単一移動通信事業者の端末との無線中継に代わって、複数の移動通信事業者の電波を同時に無線中継して、それぞれの移動通信事業者の端末とデータ送受信を可能とする無線中継機能、無線中継装置を搭載したドローンを遠隔から移動通信ネットワークを介して操縦する遠隔操作機能、無線中継局からの電波の送信と停止を遠隔から移動通信ネットワークを介して制御する遠隔操作機能が新たに実装されている。
 
 実証実験は、大樹町多目的航空公園(北海道広尾郡大樹町美成169番地)およびその周辺で実施され、実施後にはこの無線中継システムの運用の課題ならびに制度面の整備への提言を含めた結果を公表する予定だとしている。