レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンク「ギガモンスター」、データ容量の繰り越しとテザリングオプションでauに対抗か

【業界トピックス】ソフトバンク「ギガモンスター」、データ容量の繰り越しとテザリングオプションでauに対抗か

ソフトバンク「ギガモンスター」、データ容量の繰り越しとテザリングオプションでauに対抗か

 ソフトバンクは、2016年9月13日から順次提供開始する「スマ放題」「スマ放題ライト」向けのデータ定額サービス「ギガモンスター」において、データ繰り越しの仕様変更および「テザリングオプション」(月額1,000円)が無料となるキャンペーンを実施することを発表した。当月余ったデータ容量を全て翌月に繰り越すことが可能となり、「テザリングオプション」の月額使用料(1,000円)が提供開始日から2017年4月末まで無料となる。
  
 同社による8日発表時点では、ギガモンスターの繰り越しデータ容量は毎月5GBまでとされ、またテザリングオプションは月額1,000円で、キャンペーンなども検討していないとアナウンスされていた。
 しかし、9日にauが、同内容の大容量データ定額サービスで、当月余った全データ容量の翌月繰り越し、また月額1,000円のテザリングオプションの2017年4月末までの無料キャンペーンを実施する「スーパーデジラ」を発表。今回のソフトバンクの仕様変更は、auによる同発表を受けて、サービス内容の差をなくすためにとられた対抗策とみられる。

http://denpanews.jp/