レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンクとワイモバイルは「Pocket WiFi 501HW / 502HW」を発売へ

【業界トピックス】ソフトバンクとワイモバイルは「Pocket WiFi 501HW / 502HW」を発売へ

ソフトバンクとワイモバイルはTVチューナー付きWi-Fiルーター「Pocket WiFi 501HW / 502HW」を発売へ

9月28日、ソフトバンクとワイモバイルはテレビチューナーを搭載したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 501HW / 502HW」を10月9日より発売すると発表した。ソフトバンク版が「501HW」、ワイモバイル版が「502HW」と型番が異なっているが、性能は共通している。

「Pocket WiFi 501HW / 502HW」はファーウェイ製のモバイルルーター。フルセグ・ワンセグに対応したテレビチューナーを内蔵しており、専用アプリを利用することでテレビ機能がないiOS/Android搭載スマートフォンやタブレットでもテレビが利用出来るようになるのが特徴だ。

 通信では「SoftBank 4G LTE」「SoftBank 4G」に対応し、またキャリアアグリゲーションにも対応するため下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbpsの高速通信を利用できる。3G通信は国外でのみ対応する。
 Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n/acをサポートし、2.4GHz / 5GHzのどちらも利用できる。

 ディスプレイは2.4インチカラー液晶を搭載。バッテリーは3,000mAhを備え、連続通信時間は約10時間(キャリアアグリゲーション非適用時)、連続待受時間は約850時間、フルセグの連続視聴時間は約9時間で、最大接続台数は10台となっている。また電源を入れてから約5秒で高速起動するため、利便性が向上している。カラーはネイビーブルーのみ。

 ワイモバイル版の「502HW」はワイモバイルの端末として初のSIMロック解除に対応する。


http://www.denpanews.jp/