レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンクと滴滴出行、タクシー配車プラットフォームの構築で協業 国内事業者向け

【業界トピックス】ソフトバンクと滴滴出行、タクシー配車プラットフォームの構築で協業 国内事業者向け

ソフトバンクと滴滴出行、タクシー配車プラットフォームの構築で協業 国内事業者向け

 滴滴出行(DiDi)とソフトバンクは、日本のタクシー事業者向けサービスにおいて協業すると発表した。両社は、日本の市場環境や関連法令を慎重に調査すると同時に、タクシー事業者や関係省庁、その他ステークホルダーと積極的に連携し、日本の全タクシー事業者が導入可能なオープンで中立的なプラットフォームの構築を目指すとしている。
 
 今回の協業では、タクシー事業者とドライバーの稼働率向上を目的に、DiDiのAI(人工知能)技術を活用してタクシー配車プラットフォームの構築を目指すもので、2018年中をめどに大阪府、京都府、福岡県、東京都などで実証実験を実施予定だという。また、両社は合弁会社の設立も視野に入れているとしている。
 
 DiDiは、タクシー配車事業者として2012年に設立し、タクシードライバーの稼働率と収入を向上させるため、ビッグデータを活用したワンストップの交通プラットフォームを構築。2017年には同社のプラットフォームを通じて約11億件の配車が実行され、現在、中国で約500のタクシー事業者と提携している。
 同社のアプリケーションには、現在約200万人のタクシードライバーが登録しており、世界最大級のタクシー配車プラットフォームを手掛ける企業へと成長している。