レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンクと滴滴出行が合弁会社、今秋からタクシー配車プラットフォーム提供開始

【業界トピックス】ソフトバンクと滴滴出行が合弁会社、今秋からタクシー配車プラットフォーム提供開始

ソフトバンクと滴滴出行が合弁会社、今秋からタクシー配車プラットフォーム提供開始

 ソフトバンクは19日、交通プラットフォームを手掛ける滴滴出行(Didi Chuxing)と合弁会社を設立したと発表した。合弁会社の社名は「DiDiモビリティジャパン」で、国内で次世代のタクシー配車サービスを提供することを目的に、DiDiの人工知能(AI)とデータ分析技術を活用して、全てのタクシー事業者が利用できるオープンなタクシープラットフォームを提供する。今秋から順次、大阪、京都、福岡、沖縄、東京やその他の主要都市でトライアルとして無償で提供開始する。
 
 乗客は、専用のアプリケーションをスマートフォンにインストールすることで、簡単にタクシーの配車サービスを利用することができる。アプリケーション上では、乗車場所へのドライバーの到着予測時刻が確認でき、決済も完了できるほか、乗客が運転手の接客態度をレーティングできる。
 また、中国版のDiDiアプリケーションの利用者は、日本国内でAlipayまたはWeChat Payを選択が可能。ドライバーとの自動翻訳(日本語と中国語間)コミュニケーション機能も提供される。
 
 DiDiモビリティジャパンでは、世界最先端のAI技術を活用して高度な分析・予測テクノロジーを搭載するDidi Chuxingの配車プラットフォームと、ソフトバンクの通信事業者としての事業基盤とマーケティング力を融合し、日本のタクシー配車の最適化と稼働率の向上をを目指すとしている。