レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンクは美容業界向けにクラウド型POSシステム「POS lab」を共同開発

【業界トピックス】ソフトバンクは美容業界向けにクラウド型POSシステム「POS lab」を共同開発

ソフトバンクは美容業界向けにクラウド型POSシステム「POS lab」を共同開発

 株式会社ダリアとソフトバンク株式会社は、美容業界向けのクラウド型POSシステム「POS lab(ポスラボ)」の共同開発を発表した。

  昨今の美容業界では、人口減少やオーバーストアなどの市場変化により、新規客の獲得と同時に、既存客のリピート促進と顧客満足の獲得がビジネスの主軸へとシフトしており、美容室やビューティーサロンでは既存客に対する、いわゆる「顧客分析」や「カルテ管理」が非常に重要な鍵を握っていると考えられている。
 「POS lab」は、美容総合商社大手のダリアが持つ美容業界における知識・ノウハウと、ソフトバンクが持つシステム開発やスマートデバイスを活用したソリューション、クラウドサービスの提供におけるノウハウを組み合わせ、美容室およびビューティーサロンが「顧客分析」や「カルテ管理」を、よりスムーズかつ機能的に行えるクラウド型のPOSシステムとなっている。

 ダリアは、この「POS lab」を2016年9月26日から本格販売を開始すると発表している。

【「POS lab」 概要】

■ 「POS lab」の3つの特長
 
 ・リーズナブル:月々9,800円~(税抜き)で利用可能
 ・オールインワン:POSレジや予約管理など、さまざまな機能をタブレット一つで利用可能
 ・クラウド型:無料でバージョンアップ可能

■ 主な機能
 
 ・POSレジ、予約管理、スケジュール管理、顧客分析、カルテ管理、帳票分析など

■ 「POS lab」の機能の2大ポイント

 ・「リピート率アップ」をサポート
 受付時から、その顧客の来店頻度や顧客重要度(デシル分析)などを分かりやすく表示し、美容師のコミュニケーションにおいて重要な
 「ファーストカウンセリング」の対応など、顧客満足やリピートにつながる対応のポイント抽出をサポート。
 ・「スタイリスト育成」を強化
 顧客分析はもちろん、「スタッフ分析」においても効果を発揮。例えば店内ミーティング用に、スタイリストごとにソートした切り口でデ
 ータを分析することで、その課題や伸び代を抽出し、「考えて売れるスタイリスト」づくりをサポートすることができる。

http://denpanews.jp/