レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンクは通信衛星を利用したLTE、実用化に向けた検証試験に成功

【業界トピックス】ソフトバンクは通信衛星を利用したLTE、実用化に向けた検証試験に成功

ソフトバンクは通信衛星を利用したLTE、実用化に向けた検証試験に成功

 ソフトバンク株式会社とGilat Satellite Networksは、基地局とコアネットワークを中継する回線に衛星回線を利用して、LTEサービスを提供する検証試験を実施し、実用化に向けた技術の開発に成功したと発表した。
 これにより、基地局までの固定回線の設置が困難な地域などでも、低コストで高速無線通信サービスの提供が可能となる。2016年中に商用環境でのサービス提供を目指すとのこと。
 

 ソフトバンクは、Gilatの高速衛星通信システム「SkyEdge Ⅱ-c」の開発に企画段階から協力し、共同で技術開発と検証作業を行ってきた結果、実際の端末での利用における回線速度として、従来の衛星通信では実現が難しかった下り100Mbps以上の高速通信を実現することができたという。
 

 今回の検証試験の成功にあたり、ソフトバンク 専務取締役 兼 技術統括の今井康之氏は、「今回の技術により、固定回線が敷設困難な山間部や離島などの地域においても、安価かつ短期間で、高速なLTEサービスを提供することが可能になる」とコメント。
 また国内での利用だけではなく、米国子会社であるSprintのモバイルネットワークへの応用も期待するとしている。

http://denpanews.jp/