レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ドコモ、「家のあんしんパートナー」のサービスメニューを拡充し「dリビング」に変更

【業界トピックス】ドコモ、「家のあんしんパートナー」のサービスメニューを拡充し「dリビング」に変更

ドコモ、「家のあんしんパートナー」のサービスメニューを拡充し「dリビング」に変更

 株式会社NTTドコモは、ドコモが提供する「家のあんしんパートナー®」について、2016年7月よりサービスメニューを拡充し、サービスブランドを「dリビングTM」に変更すると発表した。

 「家のあんしんパートナー」は、生活トラブルや家事サービスのサポートに加え、留守中などの部屋のみまもり機能等、暮らしに役立つメニューが月額450円(税抜)で利用できるサービスだ。今回、これに子育て支援のサービスメニュー追加やビジタープランの新設などのサービス内容の拡充を行うという。
 リニューアルに伴い、ジャパンベストレスキューシステム株式会社が提供する暮らしをサポートするサービスメニューに、子どもの世話や送迎、外出先でのお預かりなどご要望にあわせて利用できるシッターサービスや、買い物を含めた食事の用意などができる家事代行サービスが優待価格で利用できるメニューを追加。
 また、新たに提供する「dリビング」のポータルサイト及びアプリでは、これまで提供していた部屋のみまもり機能に加え、ご自宅の電力情報(料金や使用量等)を確認できるようにするなど、家のモニター機能の拡充も行うようだ。

 「家のあんしんパートナー」では月額利用料を伴う会員プランのみを提供していたが、今回、鍵や水回りなど突然のトラブルにもすぐに対応できるよう、一部のメニューにおいて、都度利用できるビジタープランを新設し、緊急時のトラブルサポートサービスも利用できるようになる。

 さらに、「dリビング」では、スマートロック(スマートフォンのアプリとBLEを用いて鍵の開閉などの操作を行うもの)を活用した家事サポートサービスの提供に向けた実証実験を、2016年7月[dリビング提供開始時]~2016年9月中旬(予定)の間に実施。本実証実験を通じて、利用者の声を踏まえたサービス形態を検討し、本格提供に向けた開発に取り組む予定でもあると発表している。

【サービス概要】

1.サービスメニューの追加
 暮らしをサポートするサービスメニューに、以下の2つのメニューを追加。

2.ポータルサイト及びアプリの提供
 「dリビング」として、新たにポータルサイトとアプリを提供し、以下の2つの機能を追加。

3.ビジタープランの追加
 会員プラン(月額料金を支払い、dリビングの全てのサービスが利用できるプラン)に加えて、新たにビジタープランを新設し、水道トラブルなど突発的な生活トラブルに対するサポートや家事サポートサービスを都度利用できるようになる。

・提供開始時期:2016年7月
・利用料金:月額450円(税抜)

 「dリビング」特設サイト:http://home.idc.nttdocomo.co.jp/special/dliving

http://denpanews.jp/