レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ドコモ、無料で利用できる「dヘルスケア」アプリ提供開始 

【業界トピックス】ドコモ、無料で利用できる「dヘルスケア」アプリ提供開始 

ドコモ、無料で利用できる「dヘルスケア」アプリ提供開始

 NTTドコモは、健康やダイエットに役立つコンテンツが月額500円(税抜)で使い放題となる「dヘルスケア」について、無料で利用できるアプリの提供を開始した。
 
 「dヘルスケア」アプリは、日々の歩数や体重をグラフで手軽に管理することができるアプリ。専門家が監修した「8,000歩以上歩こう」など、健康に関するミッションを達成するとdポイントが当たる特典が用意されているほか、「Apple Watch」「Fitbit」などの様々なデバイスと連携して、歩数や体重をアプリに記録することもできる。
 「dヘルスケア」アプリは、「dアカウント」を持っていれば、ドコモ回線を持っていなくても利用することができる。
 
 また、有料で「dヘルスケア」を契約しているユーザー向けに、医師に手軽にオンライン相談ができるサービス「first call」を追加。「first call」は、Mediplat(メドピアグループ)と連携して提供するサービスで、内科、小児科等全12科目の医師に対して、チャットもしくはテレビ電話によるオンライン相談ができる。同サービスは5月1日から提供している。
 
 ドコモは、今回の「dヘルスケア」アプリの提供に併せて、「先着10万名様に、『dヘルスケア』アプリで1万歩達成すると、100Pプレゼント!キャンペーン」を実施するとともに、既に実施中の「Apple Watchと一緒に使っておトクキャンペーン」の対象アプリに、「dヘルスケア」を追加するとしている。