レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ドコモ、金融機関向けに「レンディングプラットフォーム」提供、新生銀行と提携 

【業界トピックス】ドコモ、金融機関向けに「レンディングプラットフォーム」提供、新生銀行と提携 

ドコモ、金融機関向けに「レンディングプラットフォーム」提供、新生銀行と提携

 NTTドコモは、金融機関がドコモ回線のユーザー向けに新たな融資サービスを提供する仕組みとして、「ドコモ レンディングプラットフォーム」を2019年3月から提供する。
 
 「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、ドコモのビッグデータを活用した「ドコモスコアリング」の提供、スマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」の提供、ドコモが提供する各種サービスとの連携という3つの特長を備える。
 
 「ドコモスコアリング」は、ドコモのビジネス展開によって得られた各種サービスの利用状況などのビッグデータを解析し、自動的に算出したユーザー毎の信用スコアを金融機関の審査に活用できる仕組み。金融機関は、この信用スコアを活用した審査を行うことで、個々人の状況に合わせた適切な金利・貸出枠を設定することが可能になる。
 「レンディングマネージャー」は、融資サービス向けのスマートフォンアプリ。金融機関での借入から返済までのすべての手続きがこのアプリ一つでできることに加え、ユーザー毎の家計と借入状況を可視化し、最適な返済計画をアドバイスする。このアドバイスにより、ユーザーが無理のない返済計画を立てられるとともに、金融機関が返済期間の短縮や金利の節約などの融資サービスを提供することができる。返済計画のアドバイスは、マネーフォワードとの提携により提供する。
 「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、dアカウントやドコモ口座など、ドコモが提供するサービスと連携する。例えば、ドコモのバーチャルウォレットサービスであるドコモ口座と連携し、金融機関がユーザーのドコモ口座に融資金を24時間365日、いつでも入金することができる。
 また、融資金の出金にセブン銀行ATMを利用すると、ドコモ口座アプリを使って24時間365日、スマートフォン一つでスムーズに出金できる。
 
 なお、「ドコモ レンディングプラットフォーム」を活用した融資サービスの第一弾として、新生銀行が2019年3月に新たな融資サービスを提供する予定。