レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ニフティ、高齢者宅をモニタリングする事業者向けサービス「おへやプラスPRO」提供開始

【業界トピックス】ニフティ、高齢者宅をモニタリングする事業者向けサービス「おへやプラスPRO」提供開始

ニフティ、高齢者宅をモニタリングする事業者向けサービス「おへやプラスPRO」提供開始

 ニフティは、IoTを活用した事業者向け見守りサポートサービス「おへやプラスPRO」の提供を開始したことを発表した。「おへやプラスPRO」は、複数宅の室内環境データ(温度・湿度・照度)のモニタリングとエアコンの遠隔操作を事業所のパソコンから行える事業者向けサービス。センサーなどの機器一式を高齢者宅に設置することで、離れた部屋の環境を事業所から見守り、体調不良の未然防止やスタッフの負担軽減に役立てることができる。また、蓄積される室内環境データは介護プランの作成やサービスへの活用のほか、高齢者とのコミュニケーションのきっかけづくりやその家族へのレポートなどに活用できる。

 「おへやプラスPRO」の概要は以下の通り。

【「おへやプラスPRO」概要】
■特長
・本人が気づかない室内環境の変化を見える化
温度・湿度・照度の情報を取得し室内の変化を判断するため、プライバシーに配慮した見守りが可能。
温度・湿度に対する感覚が弱くなりやすく、気づかないうちに熱中症などになる可能性の高い高齢者の見守りに最適。また、室内の明るさから高齢者の生活のリズムを事業所から把握でき、「夜になっても明かりが点かない」「夜中まで明かりが点いている」などから、異変の早期発見や日々のコミュニケーションのきっかけとなる。

・異変・異常をメールで通知。エアコンの遠隔操作も可能
生活リズムの異変や室内環境の異常をメールで通知するお知らせ機能がある。
また、センサーを設置した部屋のエアコンを、事業所の管理画面からON/OFFしたり設定温度の変更をしたりすることで、自宅訪問までの補助的な対応が可能。

・インターネット環境をセット提供
高齢者宅にはインターネット回線がない場合も多いため、本サービス専用のデータ通信サービスを併せて提供(本サービス以外での通信利用不可)。モバイルデータ通信端末にMVNOサービス「NifMo」のSIMカードをセットして提供するため、回線設置工事は不要。また、「スマートサーブ」(注)を活用しているため、機器を設置するだけで安全な通信環境を構築できる。

・見やすく分かりやすい管理画面
複数宅を管理する場合でも一目で異変に気付ける色使いで、簡単に操作できる管理画面を提供。データはCSV形式で出力でき、介護プランの作成や、本人や家族へのレポートにも活用できる。

■利用料金 ※すべて税抜
「おへやプラスPRO」契約基本料金
・初期登録費用 : 10,000円
・月額管理費用 : 10,500円 ※法人契約管理費用500円を含む

利用する機器1セットあたりの費用
・初期費用 : 60,000円
・月額料金 : 1,800円 ※インターネット通信料を含む

<機器1セットの内容>
・サービスアダプター 1台
・センサー「iRemocon Wi-Fi」 1台
・データ通信端末 LTE USB ドングル 1台 ※「NifMo」のSIMカードセット済み

■支払方法 : 口座振替、あるいは請求書払い
 
 
 詳細は以下URLを参照いただきたい。
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/160419004526/1.htm

http://denpanews.jp/