レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】バッファロー、下り866Mbpsでビームフォーミングに対応した家庭用Wi-Fiルーター発売

【業界トピックス】バッファロー、下り866Mbpsでビームフォーミングに対応した家庭用Wi-Fiルーター発売

バッファロー、下り866Mbpsでビームフォーミングに対応した家庭用Wi-Fiルーター発売

 株式会社バッファローは、高速Wi-Fi規格「IEEE 802.11ac」(以下、11ac)2×2に対応したエントリーモデルのWi-Fi(無線LAN)ルーター「WSR-1166DHP3シリーズ」を発売すると発表。5月上旬より、順次販売を開始する。

 同製品は、高速Wi-Fi規格「11ac」2×2とGigaビットイーサネットに対応したWi-Fiルーターで、最大866Mbps(理論値)、有線LANポートを4つ備え、最大1Gbps(理論値)の高速通信が可能。また、iPhone 6、iPhone 6 Plusなどの対応機器との転送速度・安定性を向上させる「ビームフォーミング」に対応し、室内を移動する端末を自動追尾し接続。

 スマートフォン・タブレット用アプリ「QRsetup」に対応しており、インターネット初期設定もパソコン不要でスマートフォン・タブレットから設定できる。また、AOSS/WPSに対応しており、対応のパソコン・ゲーム機・プリンターなどの無線LAN接続はAOSS/WPSボタンをワンプッシュするだけで完了。
 
 「ゲストポート機能」を搭載し、来客向けにセキュアなWi-Fi環境が提供できるようになっている。また、Wi-Fi中継機能も搭載しており、将来Wi-Fiルーターを買い替えた時にも中継機として活用できる。
 
 レイアウトフリー筺体を採用している為、縦置き、横置き、壁掛けに対応可能。また、株式会社NTTぷららが提供する映像配信サービス「ひかりTV 4K」の動作確認済み。

 大きさは約36.5×160×160mm、重さは約317g。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップ。価格は8,900円(税抜き)。
 
http://denpanews.jp/