レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】メイクソフトウェアとドコモが観光分野における協業契約締結、「ご当地プリントシール機」活用

【業界トピックス】メイクソフトウェアとドコモが観光分野における協業契約締結、「ご当地プリントシール機」活用

メイクソフトウェアとドコモが観光分野における協業契約締結、「ご当地プリントシール機」活用

 株式会社メイクソフトウェアと株式会社NTTドコモは、地方創生ビジネスの推進を目的として、両社の持つソリューションおよびサービスを組み合わせた観光分野における新たな企画・商材を開発し、ビジネスパートナーとして4月19日に協業契約を締結したことを発表した。

 主な取り組みとしては、地方創生の推進における地域への誘客、ならびに新たな商材開発。同取り組みにおける主力商材「ご当地プリントシール機」は、観光地域づくりを担うプロモーションツールとして、外観をオリジナルデザインで制作し、観光客などの利用者に満足してもらえるように、撮影した画像を自動で動画に編集する機能を搭載するなど、設置者(自治体など)のあらゆるシーンに合わせて企画・制作。また、地域の観光地や特産物などの撮影動画をSNS連携し、エンターテインメントの演出を加えて地域の魅力を情報発信することが可能。

 「ご当地プリントシール機」を既に導入済みの観光地などの施設の人々からは、インバウンド観光客に多く利用され、利用者の満足度およびプロモーション効果を図ることができている、などの声があがっている。

 ドコモが展開するdポイントとの連携についても、「ご当地プリントシール機」を利用する際にdポイントが貯まったり、現金の代わりにdポイントを使ったりすることができる仕組みを、2018年度の下期導入をめざし、全国の観光地ならびにランドマークとなる施設と連携し、地方創生の新たなビジネスモデルとしてスタートする。

 今後は、さらなる地方創生の推進を図るため、「ご当地プリントシール機」の新たな価値創出としてインバウンド向けの決済機能の充実による利便性の向上や、地域の企業(飲食店など)と協業した広告収入モデルの実現、ならびに有事の際の情報発信インフラとして市民の方および観光客に安心して利用してもらえるサービス(Wi-Fi機能)などを導入検討予定。