レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】メドレーとKDDI、安定運用を支えるシステム・タブレット端末を提供

【業界トピックス】メドレーとKDDI、安定運用を支えるシステム・タブレット端末を提供

メドレーとKDDI、安定運用を支えるシステム・タブレット端末を提供

 株式会社メドレー、KDDI株式会社は、福島県南相馬市と協力し、在宅医療が必要な患者に対する医療体制を強化するため、5月18日より、南相馬市立小高病院にてタブレット端末を活用した「オンライン診療」(遠隔診療) の提供を開始する。

 南相馬市小高区は、2016年7月に避難指示が解除されたエリアで、住人の帰還が進みつつある。しかし、帰還者の多くは高齢者であり、身体・交通の事情から通院が困難なため、在宅医療を必要とする患者も少なくない。一方で、地域の中核病院となる小高病院は、常勤医師1人・非常勤医師3人が交代で運営している状況で、在宅医療患者への対応が課題となっている。

 こうした背景を受けて、南相馬市は5月より、小高病院にて在宅医療を必要とする患者を対象としたオンライン診療を開始する。医師がオンライン診療による対応を可能と判断した場合に、看護師がタブレット端末を持ち患者宅に訪問し、医師はタブレット越しに診療を行う。
 在宅医療における医師の移動時間が削減されることで、対応可能な患者数が増加し、地域の医療提供体制の強化につながる。
 

 同施策の実施にあたり、メドレーはオンライン診療アプリ「CLINICS (クリニクス)」を、KDDIは看護師が利用するタブレット端末をそれぞれ提供し、安定したオンライン診療の導入および運用を支援する。メドレーはすでに全国約400医療機関への「CLINICS」導入実績があり、さまざまな地域や診療科におけるオンライン診療を支援している。また、KDDIは通信事業者として、日々通信ネットワークを整備しており、広いエリアで安定した通信サービスを提供している。


 「CLINICS」は、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までオンラインで完結することのできるオンライン診療アプリで、患者は手持ちのPCやスマートフォンを用いて、自宅や会社にいながら診療を受けることができる。2016年2月の提供開始以降、全国約400の医療機関に導入されている。
 通院にかかる待ち時間や移動時間を大幅に削減できることから、定期的な通院が必要なものの、家事・仕事で忙しいなどの理由で通院が困難な方の早期治療開始や治療継続を支援することができる。
 
http://denpanews.jp/