レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ワイモバイル、「スマホプラン」料金据え置きでデータ容量倍増へ

【業界トピックス】ワイモバイル、「スマホプラン」料金据え置きでデータ容量倍増へ

ワイモバイル、「スマホプラン」料金据え置きでデータ容量倍増へ

 ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は、ワイモバイルの「スマホプラン」の高速データ通信容量を、9月1日から2倍に拡大すると発表した。すでに契約しているユーザーも拡大の対象となる。データ容量の拡大に伴う月額料金の変更はない。
 
 改定前の料金プランでは、「ワンキュッパ割」と「おうち割 光セット(A)」適用時において、スマホプランSが1GB月額1,480円(税別、以下同)、スマホプランMが3GB月額2,280円、スマホプランLが7GB月額3,980円となっている。
 しかし、今回の改定で、料金は変わらずスマホプランSは2GB、スマホプランMは6GB、スマホプランLは14GBの高速データ通信容量を使えるようになる。
 
 また、「データ増量オプション」適用時には、スマホプランSで3GB、スマホプランMで9GB、スマホプランLで21GBのデータ通信が可能となり、新規または機種変更で「スマホプラン」を契約する場合、「データ増量オプション」の月額料(500円)が2年間無料となるキャンペーンも実施する。
 
 なお、「DIGNO DUAL 2」「AQUOS PHONE es」「AQUOS PHONE ef」のユーザーが契約できるスマホプラン(タイプ3)は改定の対象外。