レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】世界初、「浮遊球体ドローンディスプレイ」をNTTドコモが開発

【業界トピックス】世界初、「浮遊球体ドローンディスプレイ」をNTTドコモが開発

世界初、「浮遊球体ドローンディスプレイ」をNTTドコモが開発

 株式会社NTTドコモは、無人航空機(ドローン)を活用し、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて開発したことを発表した。

 今回開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、最大直径88㎝、重量3.4㎏、環状のフレームにLEDを並べたLEDフレームの内部にドローンを備え、LEDフレームを高速に回転させながら飛行する。そして回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができる。これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となる。

 これまではドローンのプロペラによる空気の流れをディスプレイがさまたげてしまう課題や、ディスプレイ搭載による重量の増加といったところに課題があったが、LEDの残像によってディスプレイを表示する技術を応用することにより、空中で球形ディスプレイを活用した演出が可能となった。

 今後は、2018年度の商用化をめざし、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出、広告および案内等)としての提供を検討。

 なお、「浮遊球体ドローンディスプレイ」を今月末、幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し、会場内でのデモ飛行を予定している。
 
 任意の空間で360度どこからでも見える広告展開が可能になった。今後、更なる技術の発展に注力していくとのこと。 
 
http://denpanews.jp/