レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】前橋市とNTTドコモが実証実験、競技者は観戦者が撮影したベストショットを購入可能に

【業界トピックス】前橋市とNTTドコモが実証実験、競技者は観戦者が撮影したベストショットを購入可能に

前橋市とNTTドコモが実証実験、競技者は観戦者が撮影したベストショットを購入可能に

 前橋市とNTTドコモは、9月30日に開催される、まえばし赤城山ヒルクライム大会において、ICTを活用したまちづくりを推進することを目的として「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」の実証実験を実施する。

 同実証実験 は、5月 10日に前橋市とドコモで締結した「前橋市におけるICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定」の一環として、マラソン・自転車などのスポーツ大会のさらなる活性化による地域創生をめざして行うもの。

■実証実験概要
 沿道の人がカメラやスマートフォンなどで撮影した写真を競技参加者に販売できる「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」を提供し、「競技参加者と地域住民・観光客を含む沿道の人との、双方の参加活性化」を実証する。
 実施にあたり、ドコモおよび米国現地法人のドコモUSAは、米国企業のFLASHFRAME社と協業し、「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」を提供。
 FLASHFRAME社は、2014年設立のスタートアップ企業で、米国内ではシカゴのランナーズ協会など数多くの団体、大会で採用された実績がある。また、ドコモUSAとの協業により、2018年4月にユナイテッド・グアムマラソン2018でも採用されている。

■「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」の特徴
 沿道の人がカメラマンとなることにより、競技参加者が安価に写真を購入できるプラットフォームを提供。沿道の人は、専用サイト(https://jp.flashframe.io/)から写真を投稿。プラットフォームでは、提供された画像データを機械学習で高速に処理し、ゼッケン番号やユニフォームの色で分類することが可能。競技参加者はゼッケン番号、ユニフォームの色などで自身の写真を検索できるため、容易に購入することが可能となる。

■実証実験の対象となる大会概要
・実証実験実施大会
第8回まえばし赤城山ヒルクライム大会
・競技参加者
3,700人
・日時
9月30日7:00スタート
・コース
前橋合同庁舎(前橋市立前橋高等学校)エリア → 赤城山総合観光案内所
全長 20.8km