レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】多言語観光ガイドを行う「ロボホン」羽田空港でレンタル開始へ

【業界トピックス】多言語観光ガイドを行う「ロボホン」羽田空港でレンタル開始へ

多言語観光ガイドを行う「ロボホン」羽田空港でレンタル開始へ

 京浜急行電鉄、シャープ、ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズの4社は、訪日外国人観光客をメーンターゲットに、多言語観光ガイドを行うコミュニケーションロボット「ロボホン」のレンタルサービスを開始する。京急羽田空港国際線ターミナル駅2階の「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」にて4月25日より提供する。
 
 同サービスは、日本語に加え、英語と中国語に対応した「ロボホン」をレンタルすることで、「ロボホン」と一緒に旅を楽しみ、訪日外国人観光客に日本文化と触れ合った想い出を作ってもらうことをメーンテーマとしている。位置情報に合わせておすすめのスポットを「ロボホン」が紹介してくれる「ロボてなし」アプリの他、写真撮影、プロジェクターでの写真・動画表示、ダンスや歌などを3つの言語で提供する。
 ロボホン本体のレンタル料金は、24時間(1泊2日可)で1,500円(税抜)、48時間(2泊3日可)で3,000円(税抜)、72時間(3泊4日可)で4,000円(税抜)。それ以降は12時間毎に500円(税抜)の料金が発生するほか、別途WiFiルーターレンタル料金が必要となる。
 レンタルした「ロボホン」の返却は、成田国際空港(「J WiFi&Mobile」で対応)・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港・福岡空港の5つの空港内「グローバルWiFi」店舗カウンターで受け付ける。
 なお、「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」では、レンタルだけではなく、お土産として「ロボホン」のプラモデル、オリジナルロボホンウェアや卓上ホルダなどのグッズ販売も行う。
 
 また、日本人観光客向けにも「ロボホン」レンタルサービスを提供するほか、「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」で「ロボホン」本体の販売も行う。

http://denpanews.jp/