レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】携帯電話の通話内容を録音、ソフトバンクが法人向け「通話録音サービス」提供開始

【業界トピックス】携帯電話の通話内容を録音、ソフトバンクが法人向け「通話録音サービス」提供開始

携帯電話の通話内容を録音、ソフトバンクが法人向け「通話録音サービス」提供開始

 ソフトバンクは、携帯電話の通話内容が録音できる法人向けサービス「通話録音サービス」の提供を開始した。
 
 「通話録音サービス」は、金融業界などの商取引通話におけるコンプライアンス対策や、顧客対応の品質向上を目的に、通話内容の録音を希望する法人向けのサービス。サービスに契約したソフトバンクの携帯電話で発着信した通話内容は、ユーザーが指定したサーバーに自動的に送信される。
 通話内容を受け取る方式は、ソフトバンクの通信ネットワークで音声ファイルに変換してユーザーの保存サーバーに送信する「ファイル送信型」方式と、ユーザーが指定した録音サーバーに通話内容をリアルタイムに送信する「音声送信型」方式のいずれかを選ぶことができる。「音声送信型」方式は多くの海外企業が採用しており、日本でも同様の方式を導入することができる。
 
 「通話録音サービス」の利用にあたり、特定のアプリケーションのインストールや、発信時にプレフィックス番号を入力するなどの特別な操作は必要なく、自動的に録音される。
 
 利用料金は、初期費用として、ネットワーク登録料が1接続あたり10,000円かかる。また、月額費用として、ネットワーク利用料が1接続あたり10,000円、通話録音サービス利用料 が1携帯電話回線あたり400円となっている。
 
http://denpanews.jp/