レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】楽天、基地局設置に関西電力グループの設備活用

【業界トピックス】楽天、基地局設置に関西電力グループの設備活用

楽天、基地局設置に関西電力グループの設備活用

 楽天は、同社が進める携帯キャリア事業用基地局の設置にあたり、関西電力とそのグループ企業が保有する設備を活用すると発表した。今後、周波数割当を受けた場合に、関西電力グループが保有する送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔などを、携帯電話基地局の設置場所として活用する予定だという。
  
 同社は、携帯電話事業への新規参入にあたり、全国でのサービス展開に向けて、携帯電話基地局の設置工事における設備投資の最大限効率化を目指している。各電力会社とのさらなる協力や基地局の設置のための様々な効率化を検討しながら、3月末までの周波数割当の認定に向けた準備を進めるとしている。 
 同社は、3月6日に東京電力、23日に中部電力の電力設備の活用を発表しており、このたびの関西電力で3件目となる。