レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】楽天がウォルマートとの提携を発表。西友とネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」の協働運営を開始

【業界トピックス】楽天がウォルマートとの提携を発表。西友とネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」の協働運営を開始

楽天がウォルマートとの提携を発表。西友とネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」の協働運営を開始

 楽天株式会社と、ウォルマート・ストアーズ・インクは、両社の強みを活かしたユーザーへのリーチ拡大およびサービス向上を目的に、日本と米国における戦略的提携を発表した。

 同提携の一環として、2018年度第3四半期(7-9月)に、日本におけるネットスーパー事業の協働運営を開始する。また、米国においては年内に、ウォルマート社の実店舗や「Walmart.com」で、「楽天Kobo」の提供する電子書籍やオーディオブック、電子書籍リーダーなどを、量販店として独占販売することになった。
 楽天が手がけるネットスーパー事業「楽天マート」は今後、西友と共同運営する「楽天西友ネットスーパー」に統合していく。なお、共同運営するネットスーパー事業では、「楽天市場」での人気グルメなども取り扱う方針。

【具体的施策】
1.日本においてネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を協働運営
 楽天と、ウォルマート社の日本子会社である合同会社西友は、日本においてネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を協働運営することを目的に、新会社を設立することに基本合意した。新サービスの提供開始は、2018年度第3四半期(7-9月)を予定。

 楽天と西友は両社の強みを活かし、日本の利用者のニーズにきめ細やかに応えるネットスーパー事業を協働で運営していく。具体的には、配送能力の拡大、品揃えの拡充、利便性の強化。配送については、西友の実店舗からの配送に加え、2018年内にネットスーパー専用の配送センターを設け、配送件数を大幅に拡大する。品揃えについては、西友の強みである「質」と「低価格」の両方を実現した商品を提供。生鮮食品や日用品だけでなく、昨今の時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品の品揃えを拡充するとともに、楽天ならではのお取り寄せグルメも取り揃える予定。

 利便性の強化としては、楽天が培ってきたECノウハウを活用した、ユーザーにとって利便性の高いサイト構築をはじめ、ビッグデータやAIを活用した最適な商品の提案を利用者へ行う。さらに、楽天の運営するポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を「楽天西友ネットスーパー」に導入し、ポイントを貯めたり使ったりできるようにすることで、利用者により便利でお得な買い物体験を提供。

2.米国にて電子書籍サービス「楽天Kobo」を展開
 楽天グループのRakuten Kobo Inc.とウォルマート社は、米国における「楽天Kobo」の量販店としてウォルマート社が独占販売を行うことに合意。これにより、年内に「楽天Kobo」が取り扱う数万の出版社および数十万の著者による電子書籍やオーディオブック約600万作品を「Walmart.com」の利用者に提供。さらに、4,000を超える実店舗ではデジタルブックカードを販売し、利用者に幅広い読書の選択肢を提案する。

 また、「楽天Kobo」が取り扱うすべての電子書籍コンテンツが、「ウォルマート」と「楽天Kobo」の両ブランドを冠した無料アプリでも楽しめるようになるほか、パソコンのデスクトップアプリや、年内に「ウォルマート」で販売される「楽天Kobo」の電子書籍リーダーでも読むことが可能になる。

 今回の戦略的提携で、今後アジアと米国でアマゾンへの対抗策を強化していく。2012年10月に米Amazonは、電子書籍「Kindle」の日本国内での販売を開始しており、これに先んじて楽天は2012年7月、同じく電子書籍の「Kobo」を国内市場に投入していた。Amazonと楽天がいよいよ日本市場において本格的に戦うことになり、また2012年Koboのサービスを軸にグローバル展開を一気に進めたい意向を示していた楽天にとって、この提携が転機となることを期待したい。