レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】 「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発表、9月25日発売開始

【業界トピックス】 「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発表、9月25日発売開始

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発表、9月25日発売開始

 9月9日、アップルは新製品発表会にて「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表した。発売は9月25日。

 「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」は前モデルのデザインやサイズはほぼそのままに、圧力センサーによってタッチの押し込み具合を感知する「3D Touch」ディスプレイを新たに採用し、カメラ、CPU、ネットワークなどもアップグレードされているのが特徴だ。OSは今月中に新たにリリースされるiOS9を搭載する。

3D Touch

 「3D Touch」を採用したことで、ディスプレイを深く押しこむことによって新しい操作が出来るようになった。「Peek」と「Pop」という2つの機能が新たに可能になっており、例えばメールアプリにでは見たいメールをプレスすると「Peek」機能でプレビューが表示され、深くプレスすると「Pop」機能でメールの内容が表示されるようになっている。
 この他にもWebサイトのリンクやカメラ撮影中の撮った写真の確認にも「Peek」と「Pop」は活用できる。またホーム画面でアプリをプレスするとカメラアプリでは自撮りを、電話やメールであればお気に入りの連絡先、マップアプリでは帰宅経路などをアプリを立ち上げなくともメニュー表示できる「クイックアクション」機能も追加されている。

iSightカメラ

 メインカメラ「iSightカメラ」はiPhone 6/6 Plusの800万画素から1200万画素へと向上。インカメラの「FaceTimeカメラ」も120万画素から500万画素へと進化しており、画素数の向上は「iPhone 4s」以来のこととなる。撮影機能では新たに「Live Photos」を搭載。写真を撮影した前後の動きを音も含めて記録し、「動く写真」とも言える短い動画を撮影できるようになった。加えて4K動画の撮影にも対応した。前モデルと同じく、動画撮影時の光学手ブレ補正はPlusのみ対応。

本体サイズ

 端末サイズをみてみると、「iPhone 6s」は液晶は4.7インチ(1,334×750)、本体サイズが67.1(H)×138.3(W)×7.1(D)mm、重量143gで、「iPhone 6」よりも横幅と厚さが0.2ミリ大きくなり、14g重くなっている。
 「iPhone 6s Plus」は液晶が5.5インチ(1,920×1,080)、本体サイズは77.9(H)×158.2(W)×7.3(D)mm、重量192gで、こちらは前モデルよりも横幅が0.1ミリ、厚さが0.2ミリ大きくなり、重さは20g増している。
 本体カラーには新たに「ローズゴールド」が加わり、シルバー、スペースグレイ、ゴールドと合わせ、カラーバリエーションは4色の展開となる。本体の素材も変更され、これまでのiPhoneに使われてきたアルミニウムの中で最も硬い7000シリーズアルミニウムを採用。ディスプレイもApple曰く「世界中のあらゆるスマートフォンの中で最も丈夫」なガラスが使われているという。

「A9」プロセッサ

 プロセッサには最新の「A9」を搭載。一世代前のものと比べてCPU全体のパフォーマンスが最大70パーセント向上し、グラフィックパフォーマンスは最大90パーセント高速になっている。バッテリー駆動時間も向上しており、Siriも「Hey Siri」と話しかければ何時でも起動できるようになった。「Touch ID」のセンサーも強化され、従来よりも指紋感知が更に速くなっている。
 
 
 ネットワークでは受信最大300Mbps4G LTE-Advancedに対応。Wi-FiではMIMOに対応し最大866Mbpsを実現する。通話では勿論VoLTEにも対応する。
 最大23のLTE周波数帯に対応するものの、国内3キャリアで使われている1.5GHz帯のBand11、21には対応していない。容量は16/64/128GBの3モデルとなっている。


http://denpanews.jp/