レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】 ビックローブはMVNOサービスを強化、キャッシュバックキャンペーンも

【業界トピックス】 ビックローブはMVNOサービスを強化、キャッシュバックキャンペーンも

ビックローブはMVNOサービスを強化、キャッシュバックキャンペーンも

 9月7日、ビックローブは同社が提供しているMVNOサービス「BIGLOBE SIM」における料金の値下げ、キャッシュバック等のサービス強化を発表した。

1.月額料金の値下げ・キャッシュバック

 10月1日より「BIGLOBE SIM」の料金が改定される。具体的には各プラン料金の値下げが実施され、月間データ容量が1GBの「音声通話スタートプラン」が1,600円から1,400円(税別、以下同)に、3GBの「エントリープラン」が1,800円から1,600円に、6GBの「ライトSプラン」が2,405円から2,160円に、12GBの「12ギガプラン」は4,000円から3,400円へと変更される。
 データSIMプランでは6GBの「ライトSプラン」が1,505円から1,450円に、、12GBの「12ギガプラン」は3,100円から2,700円となる。 
 また11月1日までに新規に「ライトSプラン」と「12ギガプラン」へと申込み、開通翌月から6ヶ月間継続利用することで音声通話プランであれば1万円、データプランであれば3,000円のキャッシュバックが実施される。

2.シェアパック

 料金改定に合わせて家族でパケットを分け合える「シェアSIMカード追加オプション」の提供も開始される。「ライトSプラン」と「12ギガプラン」で利用でき、前者では最大2枚、後者では最大4枚までデータ容量をシェアできるSIMカードが追加可能となっている。シェアSIMカード1枚追加するにあたって、音声通話SIMは月額900円、データSIMであれば月額200円、SMS対応SIMであれば月額320円が追加料金として発生する。また発行時には1枚当たり3,000円の手数料も生じる。なお、データSIMについては11月より提供開始されるとのこと。

3.「BIGLOBEでんわ 通話パック」

 「BIGLOBEでんわ」は専用アプリを用いることで割安な
料金となる30秒/10円で通話できるサービスだが、この「BIGLOBEでんわ」の一定時間分をパック料金にして提供する「BIGLOBEでんわ 通話パック」が開始される。一定時間の超過後は30秒/10円で利用可能。
 10月より通話パック第一弾として1時間分の通話(2,400円相当)を月額650円で利用できるようになる「BIGLOBE でんわ 通話パック60」が提供開始される。

4.「らくらく乗り換えSIM」

 9月7日よりMNPによる「BIGLOBE SIM」への乗り換えがしやすくなる「らくらく乗り換えSIM」を開始。従来自宅でMNPを申請してからSIMが届くまでの数日間、不通期間が生じてしまう問題を抱えていた。しかし「らくらく乗り換えSIM」ではMNP申請後も従来のSIMカードはそのまま利用でき、新しいSIMカードが届いてから2日目には自動的に新しいSIMに切り換わる仕組みとなっているため、ほとんど不通期間が生じないようになる。またコールセンターに電話することで任意のタイミングで切り替えることも可能だ。

5.「お試しSIMスポット」

 「BIGLOBE SIM」の契約を検討しているユーザー向けに、新たに利用するにあたっての不安を解消するため、「BIGLOBE SIM」を実際に体感できる「お試しSIMスポット」を9月7日より全国に開設する。ヨドバシカメラマルチメディアAkiba、ヨドバシカメラマルチメディア梅田、スマホの窓口 スマート・スマート(浦和)で実施され、イオンの一部店舗でも試用が可能となる。
 またサイト上では格安SIMの解説ページや、乗り換え前後の料金シミュレーション機能も用意される。