レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】 新放送サービス「i-dio(アイディオ)」放送に先駆け、SIMフリースマートフォン「i-dio Phone」発売

【業界トピックス】 新放送サービス「i-dio(アイディオ)」放送に先駆け、SIMフリースマートフォン「i-dio Phone」発売

新放送サービス「i-dio(アイディオ)」放送に先駆け、SIMフリースマートフォン「i-dio Phone」発売

 株式会社VIPは、株式会社コヴィアと共同開発した「i-dio Phone」を2015年12月21日(月)に発売すると発表した。

 「i-dio Phone」は、放送メディアと通信メディアの二つの要素を併せ持ち、世界初の革新的な新放送サービス「i-dio」の対応端末である。そのほかにも、ワンセグ・FMラジオの3波に対応したSIMフリー仕様のスマートフォンだ。今回の製品発売は、「i-dio」が2016年3月から、福岡、大阪、東京での放送開始を控えており、それに先駆けたかたちの発売となった。

 

 1.2GHz のクアッドコアプロセッサー、Android 5.1を搭載し、800万画素/200万画素のカメラ、2GB RAM/16GB ROMとマルチメディアスマートフォンとして十分な性能に加え、鮮やかな大画面でコンテンツを楽しめるよう、5インチ高精細HD IPS液晶が採用されている。
 通信方式はNTTドコモのFOMA エリア(2100MHz)およびFOMA プラスエリア(800MHz)に加えて、高速データ通信を実現するLTE(FDDLTE:Band 1,3,19,21[2100/1800/800/1500MHz])に対応。動画の閲覧や大容量データのダウンロードなどもストレスなく利用できる。

 新放送サービス「i-dio」の対応端末であるとともに、地上デジタルテレビはモバイルに最適なワンセグ放送に対応。高感度で伸縮自在なロッドアンテナを採用しているため、屋内や移動する車中でも映像が途切れにくく安定した受信を実現している。また、クラス最大の3000mAhの大容量リチウムイオンバッテリー(交換可能)を搭載、Quick Charge 2.0 にも対応しているため、外出時でも長く使用することができそうだ。

 さらに、USB On-the-Goにも対応おり、ホストモード動作時はハイスピード(480Mbps)に対応。ハイレゾ音源を再生するための外部USB-DACとの利用において192Khz/24bitフォーマット音源の伝送などにも不安がない。

 主な仕様は以下の通り。
・OS :Android 5.1
・CPU :クアッドコアプロセッサー 1.2GHz
・メモリ :Flash ROM:16GB、RAM:2GB
・表示 :5インチ IPS HD液晶(720×1280)
・カードスロット :microSD カード × 1(SDHC 対応)
・3G SIMスロット :MicroSIMスロット × 1
・無線LAN  :IEEE802.11b/g/n 準拠
・Bluetooth  :Bluetooth 4.0 Smart Ready
・USB クライアント :microUSB 端子 × 1
・ヘッドフォン端子 :イヤホンマイク端子 × 1(3.5mm ミニジャック)
・カメラ :メインカメラ:800万画素/フロントカメラ:200万画素
・センサー :加速度センサー・輝度センサー・磁気センサー・近接センサー
・GPS :A-GPSサポート
・データ通信 :W-CDMA (2100/800MHz・Band1,6)
        LTE (2100/1800/N800/1500Mhz・Band1,3,19,21)
・テレビ :地デジ対応(ワンセグ)
・電源  :リチウムイオン 電池パック 3000mAh
・外形寸法 :(高さ)143.7×(幅)71.5×(奥行)10.6㎜
・質量 :約158g(電池パックを含む)
・色 :ブラック
   
 

http://denpanews.jp/