レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】1つの電話番号でスマホとアクセサリ端末の通話・通信が可能、ドコモ「ワンナンバーサービス」提供開始

【業界トピックス】1つの電話番号でスマホとアクセサリ端末の通話・通信が可能、ドコモ「ワンナンバーサービス」提供開始

1つの電話番号でスマホとアクセサリ端末の通話・通信が可能、ドコモ「ワンナンバーサービス」提供開始

 NTTドコモは、1つの電話番号をスマートフォンとウェアラブルタイプなどのアクセサリ端末で共有して利用できる「ワンナンバーサービス」を9月22日から提供開始する。
 
 「ワンナンバーサービス」は、ドコモの回線で利用しているスマートフォンの電話番号をウェアラブルタイプなどのアクセサリ端末と共有することで、アクセサリ端末もモバイルネットワークに接続ができるオプションサービスである。これにより、例えばスマートフォンを持たずにランニングなどのスポーツを行ったり、スマートフォンを置いて外出したりする際も、アクセサリ端末で音声通話やモバイルデータ通信が利用できる。
 
 対応端末は「iPhone 6/6 Plus 以降(iOS 11 以降)」のスマートフォンと「Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)」に限定されており、アップルの「Apple Watch Series 3」発売にあわせて提供されるものとなっている。
 
 利用料は月額500円(税抜き)。別途通話料・通信料がかかるほか、利用にあたっては別途ワンナンバー登録手数料500円が必要となる。また、「ワンナンバーサービス」とは別に「カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」と「パケットパック」または「シェアオプション」および「spモード」に契約する必要がある。
 
 なお、2018年3月31日までに「ワンナンバーサービス」を申し込んだ場合、月額使用料500円が180日間無料となるキャンペーンを実施する。