レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ANAが機内Wi-Fiインターネットを無料で提供、エンターテイメントがさらに充実、順次シートモニターを装着

【業界トピックス】ANAが機内Wi-Fiインターネットを無料で提供、エンターテイメントがさらに充実、順次シートモニターを装着

ANAが機内Wi-Fiインターネットを無料で提供、エンターテイメントがさらに充実、順次シートモニターを装着

 ANAは、2018年4月から国内線の機内Wi-Fiからのインターネット接続サービスを無料で提供すると発表した。また、無料で楽めるビデオやオーディオコンテンツなどの機内Wi-Fiエンターテイメントを100コンテンツ以上に拡大。さらに、主力のB777型機やB787型機では、2019年度下期以降、シートモニターやUSB充電ポート、パソコン電源を装着していく。USB充電ポートについては、2019年上期以降、B767型機やB737型機にも順次導入される予定。

【国内線「ANA Wi-Fi Service」を拡充】
 2018年4月1日より、国内線の機内Wi-Fiインターネットを無料で提供する。機内でのインターネット環境の充実により、Eメール・SNSを通じて仕事先や家族・友人とのコミュニケーションなど、さまざまな利用が可能となる。
また引き続き、国内線ANA Wi-Fi Service提供機材を拡大し、2018年度末までに国内最大規模の約100機にてANA Wi-Fi Serviceを楽しめるようになる。

■機内 Wi-Fi インターネットサービス概要
 対象機種:B777・B787・B767・B737-800・A321型機のすべてのクラス

【「機内Wi-Fiエンターテイメント」が更に充実】

 現在も無料で利用できる、機内Wi-Fiエンターテイメントが2018年4月1日より、さらに充実する。人気ドラマやバラエティ、アニメなどのビデオやオーディオコンテンツが100コンテンツ以上に増加。ビデオやオーディオコンテンツに加えて、「ANA SKY LIVE TV」では、国内線において唯一、最新ニュースやスポーツがライブで観られるほか、「e-books」においては雑誌やコミックを楽しめるなど、より快適な空の旅を過ごせるよう、様々なコンテンツを用意している。