レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】Facebook、MessengerアプリにパーソナルAIアシスタント「M」の試験提供を開始

【業界トピックス】Facebook、MessengerアプリにパーソナルAIアシスタント「M」の試験提供を開始

Facebook、MessengerアプリにパーソナルAIアシスタント「M」の試験提供を開始

Facebookは、同社が提供している「Messenger」アプリにおいて、パーソナルAIアシスタント「M」の試験提供を開始した。日本では提供されておらず、アメリカの一部ユーザー限定に提供されている。

 「M」は人工知能を活用したアシスタント機能であり、ユーザーの質問にただ応えるだけでなく、将来的にはユーザーの代わりにプレゼントの購入や旅行の予約といったタスクまでを代行してくれるようになるという。またFacebookのデータベースに保存されたユーザーの膨大な情報を解析し、最適な情報を提示するようにしているのも特徴だ。
 「M」は収益拡大を目的とした取り組みでもあり、「M」に対する問いかけでプレゼントの提案等をしてくれるようになっており、新たな広告の形を目指しているといえよう。

AIアシスタント機能ではAppleの「Siri」やMicrosoftの「Cortana」、Googleの「Google Now」等が既に利用されており、Facebookが新たに始めることでより競争は激化していきそうだ。

http://www.denpanews.jp/