レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】Googleの家庭用Wi-Fiルーター「Google Wifi」日本で販売開始、4月26日から

【業界トピックス】Googleの家庭用Wi-Fiルーター「Google Wifi」日本で販売開始、4月26日から

Googleの家庭用Wi-Fiルーター「Google Wifi」日本で販売開始、4月26日から

 Googleは4月25日、家庭用無線LANルーター「Google Wifi」を日本のGoogleストアおよび対象店舗で4月26日から発売すると発表した。価格は1台が1万5000円(税抜き、以下同)、3台で3万9000円。
 
 「Google Wifi」は、Googleが開発した家庭用のWi-Fiルーターである。メッシュWi-Fi技術を搭載し、必要に応じてGoogle Wifi端末を追加することで、通信エリアを拡大できる。それぞれのGoogle Wifiポイントが相互に通信し、広域に安定した通信電波を届けることにより、ネットワークの電波が届きづらいデッドゾーンを回避し、速度の低減を防ぐことができる。
 また複数のGoogle Wifiを設置すると、端末を使用しながら家の中を移動しても「Network Assist」が最寄りのWifiポイントへ自動的に接続する。Network Assistは、端末に最速なWi-Fiチャンネルおよび通信帯域を自動的に選択し、バックグラウンドでWi-Fi通信を高速に保つため、ルーター接続の複雑な設定を調整する手間なく、簡単に高速なWi-Fiを使うことができる。
 
 Google Wifiでは、専用アプリ (Android、iOS) から簡単にネットワークを管理できる。たとえばアプリ上のファミリーWi-Fi機能を使って夕食時に子供が使用している端末のWi-Fi 通信を一時停止するなど、アプリから端末ごとにWi-Fi通信を管理できる。
 また、自宅のネットワークに接続されている端末の種類や数、各端末の帯域幅などをひと目で確認でき、特定の端末への通信を優先する設定もできる。
 
 主な仕様は、IEEE802.11acおよび11a/b/g/n接続に対応する同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)に対応。ビームフォーミングやBluetooth Smartがサポートされる。
 通信速度は5GHz帯で最大867Mbps、2.4GHz帯で最大300Mbps。本体にはGigabit Ethernetを2つ搭載。サイズは106.12mm×68.75mm。重さ340グラム。