レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】IIJ、最初に端末代を全額負担せずに済む「IIJmioアシストオプション」提供開始

【業界トピックス】IIJ、最初に端末代を全額負担せずに済む「IIJmioアシストオプション」提供開始

IIJ、最初に端末代を全額負担せずに済む「IIJmioアシストオプション」提供開始

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、MVNOサービス「IIJmioモバイルサービス」の音声通話機能付きSIMを、ビックカメラグループで販売している一部のSIMロックフリー端末と同時に契約することで、端末購入時の初期負担額を軽減する「IIJmioアシストオプション」を2月1日より提供開始する。
 
 メニューは6つあり、それぞれ毎月の月額加算料が500円~3,000円と異なっている。端末代金を超えるメニューは選択できず、支払期間は12ヵ月もしくは24ヵ月を選択できる。端末代金からIIJmioアシストオプション対象額を引いた差分の金額は、端末購入時に支払う。
 
<img src="http://denpanews.jp/wp-content/uploads/2018/01/180131iij1-e1517365842123.jpg" alt="180131iij1" width="450" height="154" class="alignnone size-full wp-image-17694" />
 
 たとえば、30,000円の端末を「IIJmioアシストオプション2,000」の適用期間12ヵ月で利用した場合、毎月2,000円を12カ月間支払う。その合計額24,000円と端末代金30,000円の差額6,000円が、端末の初期負担額になる。
 
 なお、IIJmioアシストオプションを適用期間中に解約する場合は、利用月数に応じて「IIJmioアシストオプション解除料」が発生する。