レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】Instagram利用者の63.9%が「ほぼ毎日」閲覧していると回答

【業界トピックス】Instagram利用者の63.9%が「ほぼ毎日」閲覧していると回答

スマートフォン利用者実態調査、Instagram利用者の63.9%が「ほぼ毎日」閲覧していると回答―MMD研究所

 MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第19弾として「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施。スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,718人を対象に2018年10月31日~11月1日の期間に調査をした。

■ スマートフォンの利用時間「2時間以上3時間未満」が24.1%、「3時間以上4時間未満」が18.5%
 タブレットの利用時間「30分未満」が24.8%、「1時間以上2時間未満」が18.1%

 スマートフォンを所有する15歳から59歳の男女(n=2,718)を対象に、スマートフォン以外でインターネットに接続できる機器の所有(複数回答可)について聞いたところ、「ノートパソコン」が61.4%と最も多く、次いで「テレビ」が42.3%、「タブレット(通信回線未契約)」が28.4%となった。

 一日にどれくらいスマートフォンを利用するか聞いたところ、「2時間以上3時間未満」が最も多く、24.1%となった。同様にタブレットの利用している時間を聞いたところ、最も多かったのは「30分未満」で24.8%となった。

 スマートフォン利用時間を性年代別で見ると、男性の10代~40代でスマートフォンの利用時間が最も多かったのは「2時間以上3時間未満」、50代は「1時間以上2時間未満」だった。女性に関しては、10代が同率で「2時間以上3時間未満」「3時間以上4時間未満」、20代が「3時間以上4時間未満」、30代~50代は「2時間以上3時間未満」が最多の回答となった。なお「10時間以上」という回答で1割を超えたのは女性10代のみとなった。

 続いて、スマートフォン所有者(n=2,718)、タブレット所有者(n=998)に、よく利用する場所(複数回答可)を聞いたところ、スマートフォンでは「外出中、外出先」が67.5%、「自宅」が84.7%となった。タブレットでは「外出中、外出先」が17.4%、「自宅」が87.3%となった。

■ スマートフォンの一日平均利用、キャリアメールは3回、SMSは3.8回、LINEは10.9回送信
 スマートフォン所有者(n=2,718)に、メールやメッセージを一日にどれくらい送信するかを聞いたところ、キャリアメールは「0回」が最多で57.5%、次いで「1~10回」が38.6%となった。SMSもキャリアメール同様「0通」が最多で56.8%、次いで「1~10回」が35.7%となった。LINEでは「1~10回」が最多で54.9%、次いで「0回」が15.2%、「11~20回」が14.5%となった。

■ スマートフォン端末で満足している項目の上位は「画面サイズ、操作性、画質」
 スマートフォンの通信会社で満足している項目の上位、大手キャリアは「データ通信エリア、通信品質、通信速度」に対して、格安SIMは「月額料金、料金プランの豊富さ、通信速度」

 スマートフォン所有者(n=2,718)に、現在、メインで利用しているスマートフォン端末で満足している項目(複数回答可)を聞いたところ、「画面サイズ」が45.2%と最も多く、次いで「操作性のよさ」が40.2%、「画質」が32.0%となった。

 続いて、現在メインで利用しているスマートフォンの通信会社で満足している項目(複数回答可)を聞いたところ、「あてはまるものはない」が最も多く29.1%となった。項目別で見ると「月額料金」が26.2%と最も多く、次いで「データ通信エリア」が25.4%、「データ通信品質・安定性」が23.6%となった。

 これを大手キャリアと格安SIM別で見ると、大手キャリア(n=2,077)で満足している項目では「あてはまるものはない」という回答が最も多く33.2%だった。項目で最も多かった回答は「データ通信エリア」で29.0%、次いで「データ通信品質・安定性」が26.9%、「データ通信速度」が22.5%となった。
 一方格安SIM(n=576)はで満足している項目が最も多かったのは「月額料金」で75.0%、次いで「料金プランの豊富さ」が21.7%、「データ通信速度」が16.1%となった。

■ インストールしているアプリの平均は21.6個、 人気アプリのジャンルは「動画、天気、コミュニケーション」
 スマートフォン所有者(n=2,718)を対象に、スマートフォンにインストールしているアプリの数(プリインストールされているアプリは除く)を聞いたところ、「6~10個」が18.0%、「11~15個」が16.1%、「16~20個」が15.7%となった。

 続いて、スマートフォンにインストールしているアプリの種類(複数回答可)を聞いたところ「動画」が63.5%と最も多く、次いで「天気」が60.7%、「コミュニケーション」が60.5%となった。

 前問で動画アプリをインストールしていると回答した人(n=1,727)を対象に、現在月額料金を支払って利用している定額制動画配信サービス(複数回答可)について聞いたところ、「Amazonプライム・ビデオ」が18.6%と最も多く、次いで「Hulu」が4.0%、「Netflix」が3.4%となった。

 スマートフォンにインストールしているアプリのジャンルで「ミュージック」と回答した人(n=950)を対象に、現在利用している定額制音楽配信サービス(複数回答可)について聞いたところ、「Amazon Music(Prime Music、Amazon Music Unlimited)」が24.4%と最も多く、次いで「Apple Music」が19.4%、「Spotify」が18.5%となった。
※同設問では利用している音楽サービスを聴取しているが、ここでは、YouTubeと回答した方(n=154)を抜いて定額制音楽配信サービスの利用者を集計している。

■ Instagram利用者の63.9%が「ほぼ毎日」閲覧していると回答
 インストールしているアプリの種類でコミュニケーション、SNSと回答した人(n=2,070)を対象に、現在、利用しているSNS・コミュニケーションアプリ(複数回答可)を聞いたところ、「LINE」が92.9%と最も多く、次いで「Twitter」が56.2%、「Instagram」が38.8%、「Facebook」が35.0%、「Messenger」が11.0%となった。

 続いて、Instagram利用者(n=804)を対象に、閲覧、撮影、投稿の3つの行動に分けた頻度を聞いたところ、閲覧で最も多かった回答「ほぼ毎日」で、投稿、撮影では「この行動はしない」だった。

 インストールしているアプリの種類でSNS、コミュニケーション、動画と回答した人(n=2,288)を対象に、現在利用している動画コンテンツ(無料)を見るプラットフォーム(複数回答可)を聞いたところ、「YouTube」が89.6%と最も多く、次いで「LINE」が33.9%、「Twitter」が29.8%となった。

■ 今年から使い始めたスマートフォン決済がある人と回答した人は21.4%
 うち利用しているサービスの上位は「楽天Edy、楽天Pay、LINE Pay」

 スマートフォン所有者(n= 2,718)を対象に、今年から利用し始めたスマートフォン決済について聞いたところ、「今年から使い始めたスマートフォン決済がある」と回答した人は21.4%だった。今年から使い始めたスマートフォン決済があると回答した人(n=582)に、利用しているサービス名(複数回答可)を聞いたところ、「楽天Edy」が19.1%と最も多く、次いで「楽天Pay」が15.6%、「LINE Pay」が13.9%となった。

■ 調査概要
「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」
・ 調査期間:2018年10月31日~11月1日
・ 有効回答:2,718人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有する15歳から59歳の男女
・ 設問数 :52問


http://www.denpanews.jp/