レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】JapanTaxi、「モビリティ研究開発部」新設、タクシーから得られるビッグデータ活用

【業界トピックス】JapanTaxi、「モビリティ研究開発部」新設、タクシーから得られるビッグデータ活用

JapanTaxi、「モビリティ研究開発部」新設、タクシーから得られるビッグデータ活用

 タクシー配車アプリを展開するJapanTaxiは、配車プラットフォーム・決済プラットフォームに続く新たな主要事業として、タクシーから取得できるビッグデータを活用する部署「モビリティ研究開発部」を新設した。
 
 同社では、これまでもタクシーを活用し、車載タブレットでビーコンを受信し通学中の子どもを見守る活動や、AIパイロット設置による路面状況などのリアルタイム確認、配車支援システムによる乗客の需要予測、ドライブレコーダー解析による道沿い情報の収集といった活動を行ってきた。
 
 「モビリティ研究開発部」には、JapanTaxi CTOの岩田和宏氏をはじめ、約10名の専任スタッフが在籍する。また、2020年までに約30の企業・団体と協業し、タクシーにまつわるデータを『JapanTaxi Data Platform』として集積・分析する。
 同プラットフォームでは、タクシーによるデータセンシングにより、移動だけでなく、現在と未来の生活をより良くするためのソリューション提供を様々な企業へ行なっていく予定だという。