レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDI、日光でインバウンド受け入れ環境構築のトライアル実施

【業界トピックス】KDDI、日光でインバウンド受け入れ環境構築のトライアル実施

KDDI、日光でインバウンド受け入れ環境構築のトライアル実施

 KDDIは、インバウンド (訪日外国人旅行者) 受け入れに対して多くの小売店が抱える決済や多言語対応などの課題を解決するため、スマートデバイスを活用したインバウンド受け入れ環境構築と提供に向けた取り組みを開始する。これに伴い、2018年4月1日より、日光表参道鉢石 (はついし) 会と協力し、期間限定でのトライアルを実施する。
  
 トライアルでは、KDDIとソラコムが共同開発したIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」を活用することで、決済デバイスおよび決済システム、多言語通訳・翻訳と通信環境をまとめて安価に導入できる。期間中は、日光表参道鉢石会に加盟している10店舗にタブレットを設置し、クレジットカードやAlipay決済、多言語通訳・翻訳が利用可能となる。
 また、小売店での環境構築に加えて、トライアルによるスマートデバイスでの決済可能店舗や観光に必要な情報を簡単に検索することができる「商店街マップ」をスマートフォンやタブレット、パソコン向けに提供する。
 
 実施期間は2018年4月1日から5月31日まで。日光市鉢石商店街加盟店舗のうち、あさやレストハウス、着物レンタル・販売 うたかた-UTAKATA-、グルメやまなか、ステーキハウスみはし、日光人形焼 みしまや、日光プリン亭、日光 季の遊、fudan懐石 和み茶屋、三ツ山羊羹本舗、吉田屋酒店で実施される。
 
 KDDIは、トライアルを通じてキャッシュレス決済や多言語翻訳・通訳サービスの環境構築及び提供を目指して検討、検証を進めていくとしている。