レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDI、1日980円で日本と同じように使える「世界データ定額」開始

【業界トピックス】KDDI、1日980円で日本と同じように使える「世界データ定額」開始

KDDI、1日980円で日本と同じように使える「世界データ定額」開始

 KDDI、沖縄セルラーは、海外32の国・地域でデータ通信を利用できる「世界データ定額」を2016年8月より提供開始することを発表した。1日980円 (注) の利用料金で、ユーザーが日本で加入しているデータ定額プランの容量を海外でも利用できる。
 
 
 同サービスは、海外でのデータ通信利用にあたり、ユーザーからの「高額な料金がかかるイメージがある」「いくら使ったかわからず不安」「設定方法がわからない」といった声に応えるために、新たに提供する海外データ定額サービス。
 渡航先でユーザーがデータ通信を利用したいタイミングから開始でき、24時間経過後に自動終了するため、使いすぎの心配がなく安心して利用できるという。
 
 また、簡単な操作で使える「世界データ定額」アプリの提供を開始。利用開始と利用時間がわかりやすく、海外での快適なデータ利用をサポートし、国内と変わらないデータライフを体感することができるとのこと。

 なお、auの国際ローミングサービスを総称するサービス名「GLOBAL PASSPORT (グローバル パスポート)」は、「世界データ定額」提供開始にともない、本日5月31日より「au世界サービス」に名称を変更する。
 
注)「世界データ定額」利用料金は「免税」、データチャージによるデータ容量の購入は「課税」対象となる。
 
 
 詳細は以下URLを参照していただきたい。
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/05/31/besshi1833.html

http://denpanews.jp/