レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDI「スマホdeドック」オンラインでの健康相談サービス提供開始

【業界トピックス】KDDI「スマホdeドック」オンラインでの健康相談サービス提供開始

KDDI「スマホdeドック」オンラインでの健康相談サービス提供開始

 KDDIは、自宅に居ながら健康チェックが行えるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」において、健康状態や生活改善方法などをオンラインで専門家に相談できる健康相談サービスを今夏より提供する。
 
 「スマホdeドック」は、専用の在宅検査キットと、スマートフォンやパソコンから検査結果を確認できるWEBサービスを組み合わせることで、気軽に素早く健康チェックを行うことができるサービス。2015年4月より、「生化学14項目血液検査サービス」、2017年1月より「胃がんリスクチェックABC分類」を提供している。また、「スマホdeドック」サービスサイトのほか、自治体などを通じて、平成29年度は全国42市区町村を含む45団体に提供する。
 
 今夏より提供するオンライン上での健康相談サービスでは、「スマホdeドック」の血液検査結果を閲覧後、気になる「健康状態」や「今後の生活改善方法」などを、スマートフォンやパソコンなどを通じて医師、看護師、管理栄養士などの専門家に相談でき、血液検査結果閲覧後から30日間は無料で何回でも相談することができる。同サービスには、エス・エム・エス社が提供するQ&Aサービス「なるカラ」が利用される。
 「スマホdeドック」では、これまでも、検査結果に不安があるユーザーに地域医療機関検索、病名検索機能を提供しているが、今回新たに健康相談サービスを提供することで、自治体側に負担をかけることなく、地域医療機関への受診や健康に対する意識変容・行動変容の促進を目指す。
 
http://denpanews.jp/