レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDIが日本eスポーツ連合とのオフィシャルスポンサー契約を締結

【業界トピックス】KDDIが日本eスポーツ連合とのオフィシャルスポンサー契約を締結

KDDIが日本eスポーツ連合とのオフィシャルスポンサー契約を締結

 KDDIは、2018年8月9日、一般社団法人日本eスポーツ連合とのオフィシャルスポンサー契約を締結した。「JeSU」はeスポーツ団体とIPホルダー (各コンテンツの著作権・版権管理者) が連携した日本唯一のeスポーツ競技団体のこと。

 「eスポーツ」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、コンピューターゲーム、ビデオゲーム、スマートフォンゲームを使った対戦をスポーツとして捉える新しい競技で、身体特長や性別に左右されない誰にでも参加できるダイバーシティな競技であり、日本国内のeスポーツユーザーは約800万人とも言われている。
 2018年8月18日よりインドネシアで開催される「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」では、デモストレーション競技として行われる公開競技として採用されるほか、2019年茨城国体においてもeスポーツ大会が開催されるなど、ますます盛り上がりを見せる競技となった。

 日本のゲームユーザーが使用する機器として、最も多いものがスマートフォン (アプリゲーム) であるのに対し 、海外におけるeスポーツにおける主流機器がパソコンであることと比較して特長的な違いがある。今後ゲーム内容が進化し、eスポーツに参加するユーザー数が増えることを想定すると、現在2020年に向けて商用化を予定している「高速大容量・低遅延・多接続」という特性を備えた5Gでの通信が有効に活用できると考えているとのこと。

 KDDIは日本国内においても今後の市場規模や視聴者数の更なる拡大が期待されるeスポーツ分野において、2017年3月からプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」とのスポンサー契約や、「闘会議2018」への出展を通じ応援してきた。今後は日本eスポーツ連合と共に、国内における競技レベルのアップ、eスポーツの普及に取り組んでいくとしている。