レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDIとカカクコムが合弁会社設立へ、「ヨヤクノート」拡販に向けた取り組み開始

【業界トピックス】KDDIとカカクコムが合弁会社設立へ、「ヨヤクノート」拡販に向けた取り組み開始

KDDIとカカクコムが合弁会社設立へ、「ヨヤクノート」拡販に向けた取り組み開始

 KDDI株式会社と株式会社カカクコムは、カカクコムが運営する「食べログ」の提供する飲食店向け予約台帳アプリ「ヨヤクノート」の拡販と新サービス開発のための合弁会社を2016年4月1日に設立することで合意したと発表。

 カカクコムは「食べログ」において、業務支援領域への事業拡大の第一弾として飲食店向け予約台帳アプリ「ヨヤクノート」の提供を開始した。
 「ヨヤクノート」は、飲食店で、「食べログ」をはじめ、電話やメールなどで受けた予約情報をタブレット上で確認・更新でき、顧客情報の一括管理や営業時間外の予約などもネットで確実に受け付けられる仕組みとなっている。

 既に「ヨヤクノート」を導入した飲食店から高い評価を受ける一方で、新たに導入を予定している飲食店が従来の紙の予約台帳からスムーズに移行するために、従業員間で共有・閲覧用のタブレットをセットが必要とされる。そこで、KDDIが「ヨヤクノート」を導入した飲食店に対し、予約台帳を管理するために必要なタブレット端末を、必要なアプリの初期設定や飲食店ごとに異なる利用制限などの設定を行ったうえでセット提供。KDDIの持つ業務効率化のための決済ソリューションの提供や、集客のための販促システムの提案などでビジネス支援を行う予定であるという。

 カカクコムとKDDIは本合意に基づき、本合弁会社の詳細について更なる協議・検討を行い、詳細については、2016年度内に改めて発表する予定だ。

http://denpanews.jp/