レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDIと博報堂が共同で提供を開始、全国の動物園を毎日楽しめるアプリ「one zoo」

【業界トピックス】KDDIと博報堂が共同で提供を開始、全国の動物園を毎日楽しめるアプリ「one zoo」

KDDIと博報堂が共同で提供を開始、全国の動物園を毎日楽しめるアプリ「one zoo」

 KDDIは株式会社 博報堂と共同で、動物園内外での体験価値向上と、動物園の課題解決に貢献するサービス「one zoo (ワン ズー)」の提供を開始する。

 「one zoo」は、「one zooアプリ」を通じて全国の動物園に協力してもらい撮影した「one zoo」オリジナルの動画コンテンツを毎日配信。これにより、いつでもどこでも可愛く癒される動物たちの動画を楽しむことができる。

 また、会員登録した利用者は、動画コンテンツだけでなく、「one zoo」オリジナルの「園内マップ」「スタンプラリー」「音声ガイド」などを通して、動物園をより便利に楽しむことができる。「one zoo」は、第一弾として、旭川市旭山動物園 (北海道)、よこはま動物園ズーラシア (神奈川県)、天王寺動物園 (大阪府) と提携し、サービスを開始する。提携動物園は順次拡大予定。

 さらに、「one zoo」は今後有料サービスの提供を予定しており、有料会員に登録すると、動物園のイベントへの招待や、動物園の入園料が割引となるクーポンなども提供。
サービス利用料の一部は全国の公立動物園に寄付し、動物園により施設の修繕などに利用されるため、「one zoo」の利用を通して、動物園の発展に貢献できるとのこと。

 動物園は「経営困難」「デジタル化の遅延」などの課題を抱えており、「one zoo」のアプリ利用者の動向を統計的に分析し、動物園の動線設計などに活用することで、動物園の集客力向上や経営課題の解決に貢献していくのが狙い。

「one zoo」はアイレット株式会社がアプリケーションを開発。