レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDIと米AT&T、トヨタの「つながる車」米国提供で提携 

【業界トピックス】KDDIと米AT&T、トヨタの「つながる車」米国提供で提携 

KDDIと米AT&T、トヨタの「つながる車」米国提供で提携

 KDDIと米AT&Tは、Toyota Motor North America(北米トヨタ)が販売するトヨタおよびレクサスのコネクテッドカー(つながる車)について、4G LTEを利用した通信サービスで協業すると発表した。
 
 対象エリアは全米50州で、2019年秋発売の2020年モデル車の一部から開始する。エコシステムは、2016年にKDDIとトヨタによって発表された共同のグローバル通信プラットフォーム上に構築される。
 
 AT&Tは対象となるトヨタおよびレクサス車用に無制限データプランを提供する。対象のトヨタ車の所有者は、車内のスマートフォンやタブレットを無線LAN経由でインターネットに接続できるほか、遠隔から車のエンジンやエアコンを始動させたり、車両の情報をディーラーに送信することで遠隔診断を受けられるようになる。
 また、ボタンに触れるだけで24時間365日対応の応答センターに接続できる「SafetyConnect」も提供する。