レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDIは「auでんき」発表、スマホや携帯とセットで最大5%のキャッシュバック

【業界トピックス】KDDIは「auでんき」発表、スマホや携帯とセットで最大5%のキャッシュバック

KDDIは「auでんき」発表、スマホや携帯とセットで最大5%のキャッシュバック

 1月19日、KDDIは4月より始まる電力小売り自由化に向け、電気サービス「auでんき」の提供を発表した。1月20日より申し込みが開始され、4月1日より提供開始される。

 auでんきは、auの携帯電話やスマートフォン利用者向けに提供される電気サービス。沖縄県と一部離島を除く全国で提供され、料金プランは家庭向けの「でんきMプラン」、事務所や商店など法人向けの「でんきLプラン」の2種類となっている。料金は地域によって異なるが、既存の電力会社の料金と変わらないとしている。

 携帯電話料金とのセット割引となる「auでんきセット割」は、「au WALLETプリペイドカード」へのチャージという形で行われる。チャージ金額は月間の電気料金によって異なり、4999円までの場合で電気料金の1%、5000から7999円で3%、8000円以上で5%となっていて、季節、地域、世帯に関わらず「常にお得になる」のがポイントだと謳う。更に電気料金の支払いをau WALLETクレジットカードにすることで、200円毎に2ポイント貯まる仕組みとなっている。
 1年未満で解約する場合は違約金2,000円が発生するが、引越しの場合でも継続すれば違約金は発生しない。申し込みにあたってはauショップに検針票を持ち込むだけで簡単に手続きが行えるという。

 「auでんき」の提供にあたっては関西電力と中国電力と業務提携を締結。両社と電気事業、通信事業でそれぞれ培ってきたノウハウを活かすことで更なるサービスの開発を目指す。「auでんき」はKDDI自身が小売電気事業者としてユーザーと契約するが、中国電力や関西電力のエリアでは、それぞれの電力会社が小売電気事業者となり、KDDIは両電力会社の代理人としてサービスを提供する形となっている。

 また「auでんき」提供に合わせて、消費電力や料金を確認できる「auでんきアプリ」もリリースされる。アプリでは日、月、年単位で料金や消費電力を確認出来るだけでなく、電気を使いすぎていたら通知してくれたり、利用履歴を分析することで各家庭毎の消費電力の予想や、使い方に合わせた節電対策もアドバイスしてくれる。将来的にはau WALLET Marketとも連携して節電グッズを販売し、追加機能をを予定しているなど、通信と電気の一気通貫のサービスを提供することを目指す。

 「auでんき」の発表会にはKDDI 代表取締役執行役員専務の石川雄三氏が登壇。「auでんき」の提供にあたって同社が重視したのは「料金の安さ」と「分かりやすさ」の2点としつつ、更に全世帯の約60%近くが1~2人の世帯であること、消費電力が300kw以下の家庭が50%を占めていることが調査で明らかになっていることから、他社のように電気を使うほど安くするのではなく、「色々な世帯構成、地域、季節に関わらず安くするというのが基本線」にしたと、KDDIの独自性をアピールした。
 また今回の電気サービスの提供の狙いについて、「auユーザーに色々なサービスを提供することで満足してもらいたい」と並べて「au経済圏の拡大」と回答しており、今後も「au WALLET」をプラットフォームとして新しいサービスを展開していく姿勢をみせた。


http://www.denpanews.jp/