レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDI総研、アングルフリーな表情認識AI を開発

【業界トピックス】KDDI総研、アングルフリーな表情認識AI を開発

KDDI総研、アングルフリーな表情認識AI を開発

 KDDI総合研究所は、あらゆる顔の向きでも高精度に表情を分析できる表情認識AIを開発したと発表した。
 
 同社は、あらゆる方向を向いた顔に対する高精度な表情認識を実現する独自の機械学習技術AI「多角適応型モデル制御技術」を開発。従来技術と異なり、真横を向いている顔でも正確に表情を認識することができるため、表情認識技術を導入する場面を拡大することができるという。
 また、画像解析のアルゴリズムを大幅に効率化することで、従来比1/3倍以下の軽量化を実現し、高速な計算機や通信環境がない状況下での表情認識を可能にしている。具体的には、小型のIoTデバイスの上でも単独動作が可能になり、利用者の顔を含む画像をクラウド等に送信する必要がなく、利用者のプライバシーを保護しながら表情認識を行うことができる。
 
 今回開発された表情認識AIでは、顔の向きの変化への対応可能性を高めながら、軽量な表情認識を実現するため、2段階の機械学習モデルを構築。第1段階では、顔の検出・顔の向き(上・下・左・右・中)を判定した後、第2段階で、顔の向きごとの表情認識モデルを適用することで表情認識を行う。
 世界的な標準である顔画像データセットLFWを用いて、今回の表情認識AIと他社技術との比較実験を行った結果では、顔検出の正解率、表情認識精度のそれぞれにおいて、同技術の優位性を確認。特に、顔の向きが45°以上で片目しか映っていない画像に対し、他社技術を大幅に上回る精度が実現できることを確認したとのこと。
 
 KDDIでは同技術をコールセンターに試験導入。コールセンターの応対者(コミュニケーター)が顧客と応対している際に、自身の表情(笑顔)を意識することを目的として、約300名のコミュニケーターが実際の電話応対時に利用したところ、コミュニケーターの表情に対する意識が向上したほか、応対時のお客様の安心感や信頼度が向上する効果が確認されたという。
 
 今後、KDDI総合研究所では、顧客サービス向上や、事故防止、見守り、グループワークの活性化、人と機械の対話コミュニケーション、マーケティングなどの分野において早期の実用化を目指すほか、今回の開発成果をスマートフォン向けのアプリや、IoTデバイス、宅内ロボットなどでの活用を目指すとしている。