レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】LINEとトヨタ、コネクティッドカーで協業を検討

【業界トピックス】LINEとトヨタ、コネクティッドカーで協業を検討

LINEとトヨタ、コネクティッドカーで協業を検討

 LINEとトヨタ自動車は、コネクテッドカー(つながるクルマ)の分野で協業を検討していくと発表した。LINEが開発を進めるクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、トヨタをはじめとする各社が推進する車載機器とスマートフォンアプリ、タブレットアプリとの連携規格Smart Device Link(SDL)を活用した協業の可能性を検討する。
 
 「Clova」は、LINEが開発したクラウドAIプラットフォームであり、LINEが持つコミュニケーション技術や、コンテンツ・サービスを活用することにより実現したクラウドAIプラットフォーム。”ポストスマートフォン、ポストディスプレイ、ポストタッチ“をビジョンに、「Clova」を用いた様々なサービス、プロダクトの開発を推進している。
 「SDL」は、トヨタが推進するスマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソース。車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でアプリを操作できるほか、自動車会社はスマホアプリを自社の車載システムの特性やインターフェースに合わせることができる。
 
 両社は、今回の協業を通じ、LINEの音声エージェントテクノロジーを持つ「Clova」と、トヨタが推進、対応を進める「SDL」を連携させ、音声エージェントなどを活用した新しいカーサービスを実現し、2018年の商品化を目指すとしている。
 
http://denpanews.jp/