レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】LINEの新戦略、クラウドAIプラットフォーム「Clova」発表、スマートスピーカーも初夏発売へ

【業界トピックス】LINEの新戦略、クラウドAIプラットフォーム「Clova」発表、スマートスピーカーも初夏発売へ

LINEの新戦略、クラウドAIプラットフォーム「Clova」発表、スマートスピーカーも初夏発売へ

 LINEは、スペインのバルセロナで開催されているモバイルカンファレンスMobile World Congress 2017キーノートにおいて、同社の新たな戦略としてクラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表した。
 
 「Clova」は、LINEとNAVERの共同開発プロジェクトとして研究開発を進めているクラウドAIプラットフォームである。日本をはじめ、アジアでメッセンジャーアプリのシェアを持つLINEと、韓国の検索ポータル大手のNAVERが持つ開発技術やサービスを活用する。
 「Clova」は、人間の五感にあたる「Clova Interface」と頭脳にあたる「Clova Brain」を中核に、「Clova」とデバイスやアプリケーションをつなぐための「Clova Interface Connect」、「Clova」とコンテンツ/サービスをつなぎ、「Clova Brain」の機能を拡張していくための「Clova Extension Kit」でプラットフォームを構成している。
 
 話しかけると音声で会話をしたり、ニュース、天気・占い情報、コマース、カレンダー、翻訳などのコンテンツ・サービスや、音声で家の電気のオンオフなどを行うホームコントロール、音声専用コンテンツとして読み聞かせなどができるオーディオブックなどが利用できるようになる。
 「Clova」を搭載した製品として、アプリ「Clova App」、そしてスマートスピーカー「WAVE」の発売を初夏に日本と韓国で予定している。今後LINEが事業を展開する他アジアの国や地域に提供範囲を拡大していく。また、参考公開として、スマートディスプレイ「FACE」の発表も行った。「FACE」は2017年冬のローンチを予定している。
 
 LINEは、さらに、パートナーシップとしてソニーモバイルコミュニケーションズ、タカラトミー、ウィンクルといった企業と様々な領域でパートナーシップを推進していくことも併せて発表した。「Clova」を用いた様々なサービス、プロダクトの開発を推進し、クラウドAIプラットフォームでアジアを牽引していきたいとしている。
 
http://denpanews.jp/