レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】NTTデータ、iPSポータルとAI・IoT技術を活用したビジネス領域拡大に向け資本業務提携

【業界トピックス】NTTデータ、iPSポータルとAI・IoT技術を活用したビジネス領域拡大に向け資本業務提携

NTTデータ、iPSポータルとAI・IoT技術を活用したビジネス領域拡大に向け資本業務提携

 株式会社NTTデータは、株式会社iPSポータルの第三者割当による株式を取得し、ライフサイエンス分野でのAI・IoT技術を活用したビジネス領域拡大に向け、資本業務提携を行うことで合意した。

 NTTデータは創薬・ヘルスケア分野でのデータ活用実績があるとともに、IoTやAI、アナリティクスを活用した技術を有している。また、iPSポータルは国内で唯一の商業利用を目的とした血液からのiPS細胞生成ができる企業であり、大学、製薬企業、機器メーカーなどとiPS細胞に係る事業を推進している。

 両社は今後、創薬研究や再生医療研究のライフサイエンス分野でのAI・IoT技術を活用した新たな価値提供を目指すとのこと。

【背景・目的】
 ライフサイエンス分野は、ゲノム、細胞、生体等からの大量データ取得技術の進歩、さらにはES細胞やiPS細胞といったテクノロジーの登場により、創薬、医療、ヘルスケアにおけるさまざまな課題を解決する手段が出てきている。特にiPS細胞は、これまでは開発が困難だった難病の治療薬の発見に寄与する等、再生医療だけでなく創薬研究の分野でも大きな成果を上げ始めている。

 一方で、IT分野ではIoTやAIによる巨大で複雑なデータの収集や分析・洞察技術が大きな進歩を遂げてきており、複数のデータの間の関係性の発見ができるようになり、あらゆる分野でそのデータや技術と組み合わせて新しいビジネスが創発されてきている。

 NTTデータでは、創薬・ヘルスケア分野においても豊富なデータ活用の実績を持ち、IoTやAI、アナリティクスによるデータ活用からデータ分析基盤の構築・運用技術をサポートするサービスを提供している。

 この業務提携では、NTTデータの持つこれらの強みや、国内で唯一の商業利用を目的とした血液からのiPS細胞生成ができるiPSポータルの持つiPS細胞を活用した創薬研究、再生医療研究を効率的に進めるための技術を組み合わせていく。それにより、iPS細胞を活用した研究に関するさまざまな課題の解決、ひいてはライフサイエンス分野全体の発展に寄与するプラットフォームの開発を目指すとのこと。